【マレーシア】パナホーム、マンション第2期販売を開始

【亜州ビジネス編集部】

パナソニックホームズは11日、現地の不動産開発会社MKHと合弁で手掛ける首都圏のコンドミニアム(分譲マンション)開発事業で、12日に第2期販売を開始すると発表した。新たに384戸を発売する。

2018年に設立した合弁会社、MKHプロパティーベンチャーズがセランゴール州カジャンで事業を手掛ける。計4棟、全1496戸の大規模マンションで、施工は別の合弁会社が担当。昨年7月に着工しており、24年9月の完成を目指す。

第1期販売は昨年9月に開始し、748戸を投入。新型コロナウイルスの流行下でも販売が好調に推移したことから、今回の第2期販売を決めた。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top