【タイ】三菱電機が昇降機278台受注、大型複合施設向け

【亜州ビジネス編集部】

三菱電機は22日、バンコク都心の大型複合施設「ワン・バンコク」向けにエレベーター250台とエスカレーター28台の計278台を受注したと発表した。

1977年にタイで昇降機事業を開始して以来、最大規模の受注という。

国内初のダブルデッキエレベーター12台や、国内最高速となる分速540メートルのエレベーター1台が含まれる。

現地法人の三菱エレベーター(タイ)を通じて受注した。今年10月から順次出荷する。

ワン・バンコクはルンピニ公園の隣接地16万7000平方メートルで大手財閥TCCグループが開発中。5棟のオフィルビル、高級ホテル、3棟の高級住宅、芸術文化施設などで構成される。2018年に着工し、第1期の完成は23年、第2期は26年が予定されている。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top