【シンガポール】迷走した高速鉄道計画に幕、マレーシアが賠償金支払い

【亜州ビジネス編集部】

マレーシアのクアラルンプールとシンガポールのジュロン・イースト間を90分で結ぶ高速鉄道(HSR)計画に幕が下ろされた。

シンガポール側に生じた経費としてマレーシアは1億280万シンガポールドル(約84億円)を賠償金として支払った。

オン・イエコン運輸相とマレーシアのムスタパ首相府相が29日の共同声明で発表した。マレーシアがナジブ政権時代の16年12月、両国は拘束力を持つ協定を締結。シンガポールはインフラ設計に着手した。

しかしマレーシアで政権交代があり、マハティール当時首相が高額の負担を理由にHSRを取り止める意向を表明。その後、両国は2年間の実施延期で合意した。

ムヒディン政権になり、マレーシアは7カ月間の再延長を要請。20年11月には事業内容の変更を提案したが、シンガポールと合意に達しなかったため、協定は12月末を持って失効し、今年1月1日、両国首脳が取り止めを正式発表していた。

オン運輸相は先に、シンガポールには2億7000万シンガポールドルの経費が生じていたと国会答弁で表明していた。これにはラッフルズ・カントリークラブ用地接収代金が含まれるが、土地からは価値を生み出すことができるとの理由で、シンガポールは賠償額に含めなかった。

(提供:AsiaX

http://www.asiax.biz)


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top