【タイ】7イレブンにEV充電所設置へ、年内に100店

【亜州ビジネス編集部】

「セブン―イレブン」を運営するコンビニエンスストア最大手CPオールは3月30日、コンビニ店舗への電気自動車(EV)の充電所設置を進める計画を明らかにした。

年内に100店舗への導入を目指す。配送用トラックの電動化なども進め、環境対応を加速する。同日付各紙が伝えた。

駐車場がある店舗に充電所を設置する方針。30分で充電できる急速充電器も設け、買い物中に利用できるようにする。

配送用トラックの電動化では、自動車メーカーと協議中という。稼働中の配送車の数は7000台に上る。

同社は二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向けた取り組みを強化しており、店舗では照明の発光ダイオード(LED)化や、高効率なエアコン・冷蔵庫への切り替えなども進めている。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top