【タイ】ホンダ、バイク・汎用製品の現法3社を統合

【亜州ビジネス編集部】

ホンダは1日、バイク事業と汎用エンジンなどパワープロダクツ事業の現地法人3社を新会社に統合したと発表した。

事業の効率化を図ると同時に、変化に即時対応できる体制の構築によって持続的な成長を図る。

バイク事業のAPホンダとパワープロダクツ事業のタイホンダマニュファクチュアリング、持ち株会社のHPDを統合した。

新会社の名称はタイホンダマニュファクチュアリングを引き継ぐ。

資本金は5億5000万バーツ(約19億5000万円)。出資比率はホンダが37%、アジアホンダモーターが35%などとなっている。

新生タイホンダマニュファクチュアリングは従業員数9400人。年産能力はバイクが170万台、水ポンプなどパワープロダクツの完成機が18万台、エンジンが272万台に上る。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top