【タイ】サミティヴェート病院、サイアム商銀と遠隔医療の合弁設立

【亜州ビジネス編集部】

私立病院最大手バンコク・ドゥシット・メディカル・サービシズ(BDMS)傘下で私立病院を経営するサミティヴェート(SVH)は、商業銀行大手のサイアム商業銀行(SCB)と遠隔医療の合弁会社を設立したと発表した。

皮膚科や美容分野のサービスを提供する。

新会社のサマワットヘルスをバンコク都内に設立した。資本金は5000万バーツ。サミティヴェートの子会社デジタルヘルスベンチャーが60%、SCBの子会社SCB 10Xが40%を出資した。

デジタルヘルスベンチャーは2020年4月設立。最新技術を利用した健康関連事業の開発・投資を手掛ける。SCB 10Xは同年1月設立。デジタル技術関連事業の開発・投資を手掛けている。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top