【ベトナム】外資規制リストを公表、参入禁止は25分野

【亜州ビジネス編集部】

政府はこのほど、外資規制の対象となる事業分野のリストを公表した。3月26日公布の政令31号(31/2021/ND-CP)に記したもので、外資規制分野をリスト化して発表するのは初めて。25分野は参入が禁止されている。ベトナムプラスが伝えた。

外資の参入が禁止される分野
◆新聞
◆漁業
◆司法行政サービス
◆再輸出サービス
◆一部の観光サービス
◆政府が独占する物資・サービスの流通提供
――など25分野。

条件付きで外資参入が認められる分野
◆映像収録
◆テレビ番組や映画、音楽、演劇の制作・販売・放映
◆郵便・通信サービス
◆教育サービス
◆鉱山開発
◆再生可能エネルギー・原子力発電
◆賭博・カジノサービス
――など59分野となっている。

弁護士事務所NHクアン・アンド・アソシエイツのチャン・ティ・タイン・フエン弁護士は、外資規制に関する法令は複雑を極め、これまでは判断するのに多くの労力を要したが、リスト化されることでこれが容易になると今回の政府の発表を評価している。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top