【中国】江蘇塩城の「疑似軌道型交通システム」、試験運行を開始

【亜州ビジネス編集部】

江蘇省北東部の塩城市は16日、国産衛星測位システム「北斗」などで誘導する「疑似軌道型公共交通システム(SRT)」の1号線について、同日付で試験運行に乗り出した。複数の中国メディアが報じた。

SRT車両の全長は36メートル。実際の軌道は設けないため、従来型の軌道交通に比べて低コストで運行できる。

また輸送効率が高いことから、路線バスよりも環境に優しいのが特徴だ。市内で今後、路線の拡充を図る構えだ。

1号線は主に同市中心部の青年路を走る全長13キロメートル。設計走行時速は70キロメートルで、1本当たり最大で320人が乗車できる。


亜州ビジネスChina
https://ashu-chinastatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top