【タイ】1Qのフェイクニュース拡散5千万件、コロナで増加

【亜州ビジネス編集部】

デジタル経済社会省は20日、2021年1〜3月にオンラインでのフェイクニュース投稿・拡散を確認した数が5000万件を上回ったと発表した。新型コロナウイルス流行の影響で増えているという。

フェイクニュース対策センターが設置された後の19年11月1日〜21年3月31日では、9400万件がフェイクニュースの審査対象となった。

話題別では、新型コロナなど「健康」に関するものが51%を占め最多。これに「政策」が41%、「経済」が3%、「災害」が2%で続いた。

これまでに5207の話題について真偽を確認し、2418の話題をフェイクニュースと認定。

投稿者2276人を法律違反とした

新型コロナの第1波発生後の20年1月25日〜21年3月31日では、5800万件が審査対象だった。話題別では、「健康」が68%、「政策」が27%、「経済」が5%を占め、「災害」はゼロ件だった。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top