【マレーシア】自動車産業の優遇対象拡大、25年まで申請受け付け

【亜州ビジネス編集部】

マレーシア投資開発庁(MIDA)は27日、次世代自動車への投資を呼び込むため、税制優遇措置(インセンティブ)の対象分野を拡大すると発表した。既に適用を開始しており、2025年12月1日まで申請を受け付ける。

税制優遇の対象を次世代自動車や電気自動車(EV)、それらの部品、レーザー光を使ったセンサー「LiDar」、レーダー、先進運転支援システム(ADAS)のメーカーに拡大。エネルギー効率や安全性の高い自動車への投資を呼び込む。

MIDAは、自動車産業はすそ野が広く、バリューチェーンは複雑を極めるため、税制優遇対象の見直しを行ったと説明。適格企業は直ちに申請することが推奨されるとしている。

MIDAは14年からこれまで、総額46億リンギ(約1220億円)に上る自動車関連の投資案件13件に税制優遇措置を付与している。

なお政府は昨年2月、国内自動車産業の長期的な展望を方向付ける国家自動車政策(NAP)の改訂版「NAP2020」を発表した。

国内の自動車生産を30年までに19年実績の2.6倍となる147万台に引き上げることを目標に設定。研究・開発(R&D)と新技術導入による競争力向上に重きを置くとしている。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top