【タイ】携帯番号で国際送金、シンガポールと相互利用を開始

【亜州ビジネス編集部】

タイとシンガポールの中央銀行は4月29日、それぞれの国のオンライン決済システム、「プロンプトペイ」と「ペイナウ」を接続し、相手国に国際送金できるようにしたと発表した。低手数料の即時送金を実現する。同日付プラチャーチャート・トゥラキットなどが伝えた。

スマートフォンのアプリから携帯電話番号を使って送金できるシステムで、約1〜2分で送金が完了し、これまでの平均1〜2日から大幅に短縮する。送金上限は1日2万5000バーツ(約8万7000円)または1000シンガポールドル(約8万2000円)。仕送りなどでの利用が見込まれている。

タイではまず、◆商業銀行大手のバンコク銀行◆カシコン銀行◆サイアム商業銀行◆国営クルンタイ銀行――がそれぞれのアプリを通じてサービスを提供する。シンガポールでは、◆DBS銀行◆オーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)◆ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)――が参加する。

クルンタイ銀行によると、同行のアプリを通じた送金手数料は1回150バーツ。7月末まで半額の75バーツで提供する。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top