【タイ】上期のバイク新車登録、19%増の87万台

【亜州ビジネス編集部】

運輸省陸運局の集計によると、2021年上半期の国内バイク新車登録台数は前年同期比19.3%増の87万4041台だった。

地域別ではバンコクが12.2%増の22万3420台、地方が21.9%増の65万621台。

新型コロナウイルスの影響が本格化した20年3月以降は2桁減で推移していたことから、反動で高い伸びとなった。

排気量別の登録台数

◆51〜110cc=41万6889台

◆111〜125cc=23万3420台

◆126〜250cc=18万1301台

◆251〜399cc=3万2056台

◆400cc以上=8613台

メーカー別

◆首位ホンダ=68万3804台(シェア78.2%)

◆ヤマハ=13万2492台

◆地場系GPX=1万6914台

◆伊ベスパ=1万6211台

◆カワサキ=4661台

◆スズキ=4621台が続いた。

400cc以上

◆ホンダ=3514台(シェア40.8%)

◆米ハーレーダビッドソン=959台

◆インドのロイヤルエンフィールド=905台

251〜399cc

◆首位ヤマハが1万4732台

◆ホンダが1万4038台

◆カワサキが1732台

6月の登録台数は前年同月比28.9%増の16万1423台だった。プラスは4カ月連続。地域別でバンコクが20.1%増の3万9586台、地方が32.0%増の12万1837台だった。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/

この記事をSNSでシェア!


PAGE TOP