【ベトナム】帝人、北部新工場で炭素繊維製品の生産開始

【亜州ビジネス編集部】

帝人は、北部ハナム省に新設した炭素繊維製品の新工場で商業生産を開始すると発表した。

まず釣りやゴルフ、自転車、アイスホッケーなどのスポーツ用途向けに生産し、将来は一般産業用途や航空機用途に向けた生産も視野に入れて事業を展開する。現地生産によって川上から川下までの顧客対応力を一層強化し、アジアでプレゼンスを高める狙い。

2019年に設立した現地法人のテイジン・カーボン・ベトナムが工場を操業。

「プリプレグ」と呼ばれるシート状の材料を中心に生産する。

同社と各国の現地法人が東南アジアや南アジア、オセアニア地域で販売活動を展開し、拡大する需要の取り込みを図る。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/

この記事をSNSでシェア!


PAGE TOP