【ベトナム】阪急阪神不動産、HCM市に現法設立

【亜州ビジネス編集部】

阪急阪神不動産は15日、ホーチミン市に完全子会社を設立し、来月1日に業務を開始すると発表した。現地事業の進捗管理や、市場調査、新規案件開拓などを行う。

阪急阪神不動産ベトナムを5月に設立した。資本金は84億ドン(約3800万円)。住宅以外の案件を含む新規事業への参画に向け、情報収集体制を整備し、市場の成長に期待できる同国で事業拡大を図る。

阪急阪神不動産は東南アジア5カ国で住宅分譲事業を展開。ベトナムでは2015年以降に複数のマンション分譲事業を手掛けているほか、昨年には北部ハイフォン市の倉庫開発・運営事業に参画した。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/

この記事をSNSでシェア!


PAGE TOP