【タイ】今年の休業者400万人、21〜22年も高水準に

【亜州ビジネス編集部】

民間シンクタンクのタイ開発研究所(TDRI)は、潜在的な失業リスクを抱えた休業者数が2020年は400万人となり、21年は360万人、22年は320万人に減少するものの、高水準が続くとの予測を示した。観光産業と輸出の不振が長引くことが主な要因。13日付クルンテープ・トゥラキットなどが伝えた。

新型コロナの感染防止策として実施されたロックダウンを受け、20年3〜6月は小売・サービス業などで計800万人が失業の危機にさらされていた。

しかし、活動制限の段階的な緩和や国内旅行促進策により、これまでに200万人が職場に復帰。一方、残り600万人のうち300万人は1日4時間以下の仕事しかなく、現在は失業率で10%に相当する350万〜400万人が失業リスクを抱えていると指摘している。

国内総生産(GDP)成長率は20年に前年比マイナス9〜マイナス10%と落ち込み、21〜22年も20年並みの水準にとどまると予測した。新型コロナの感染が世界的に拡大しているうえ、第2波が発生している国もあることから、成長率の回復ペースはアジア通貨危機の時よりも遅く、失業リスクの改善にも時間がかかるとみている。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 「顧客の利益に貢献」 タイ製造業を支える屋台骨商社
    「顧客の利益に貢献」 タイ製造業を支える屋台骨商社

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top