【インドネシア】三菱商事、首都近郊のスマートシティー開発に

【亜州ビジネス編集部】

三菱商事は14日、ジャカルタ近郊のスマートシティー開発事業に参画すると発表した。

シンガポール国営投資会社テマセク・ホールディングスと設立した合弁会社を通じて、現地の不動産開発最大手シナールマス・ランドと事業会社を設立。デジタル技術を導入し、渋滞解消や省エネなどを推進する。100万平方メートル超の新規開発用地に住宅や商業施設などを建設し、公共交通に軸足を置く公共交通指向型開発(TOD)を行う。

ジャカルタ中心部から南西に約25キロメートルに位置する人口約20万人のブミ・セルポン・ダマイ・シティー(BSDシティー)内で開発を進める。住宅や商業施設のほか、学校、病院、公園なども建設。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を 遊び心あふれるマスクづくりに生かす
    イヤー・ヘッドパッドで培ってきた技術を遊び心あふれるマスクづくりに生かす

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top