洋ラン(切り花)の詰め合わせは通年で日本へ発送可能。また予約をすればバンコク都内の指定先に届けてくれ、直接機内へ持ち込める

自社栽培の洋ランから果物まで
想いを届ける日本向けギフトの先駆

開所・開店祝いに胡蝶蘭を、または日本の取引先や本社へ情緒ある残暑見舞いを贈りたい。そんな時に真っ先に名が挙がるのが、創業33年を誇る宅配ギフトの老舗「クラシック・ハナ」である。
 中部・ラチャブリー県に農園を持ち、高品質な洋ラン(デンファレ)の自社栽培・日本輸出を手掛ける同社。天然のヤシ殻を用いた栽培法で独占品種を含む12品種を育て、セントラルワールド内の直営店「フルールクラシック」の他、自社ECにて販売を行う。タイでは世界に流通する洋ランのおよそ8割を生産しているというが、「タイの肥沃な大地と気候は洋ラン栽培に最適なんですよ」と語るのは同社の熊谷代表だ。洋ラン栽培の面白さにすっかり魅了され、農家と共に試行錯誤を重ね、輸出用グレードに辿り着いたのだと当時を振り返る。 また、もうひとつの顔が贈答用果物の宅配である。タイ産マンゴーの代名詞であるナームドクマイ種(3〜5月)をはじめ、生マンゴーは他社では取り扱いのない多品種をラインナップ。“果物の女王”と賞される生マンゴスチン(5月)もまた安定した人気だという。ただし、こうした生の果物は期間限定の“お楽しみ”。現在の売れ筋はライチやドリアン、ランブータンといった南国らしさ溢れる冷凍果物をおいて他にない。旬の時期に収穫し、最も美味しい完熟状態で届けられる「冷凍フルーツバイキング」は贈り先を選ばない逸品。この夏、タイから日本へ“涼”を感じるギフトを贈ってみてはいかがだろうか。

  • 5種または7種の果物を自在に組み合わせられる「冷凍フルーツバイキング」

  • セントラルワールド地下1階の「フルールクラシック」には日本人スタッフが常勤

COMPANY PROFILE

会社名 CLASSIC HANA CO., LTD.
ロゴ
代表者 熊谷修二
事業内容 洋ラン・タイ産果物等ギフト商品の宅配・日本輸出
設立年 1988年
TEL 02-236-9111 / 02-255-9802(店舗)
住所 11th Fl., Thaniya Bldg., 62 Silom Rd., Bangkok 10500
本社 バンコク
URL http://www.classichana.com/index_japan.php
E-mail fleur.classique@gmail.com (日本語)

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る