週末を使ったショートトリップはもちろん
隣国のパッケージツアーなど
旅のことならなんでも“パンダ”へ

日本から来た友人のアテンドや、週末の家族旅行など、行き先に悩むことはありませんか?そんな時に頼りになるのが、タイにおいて圧倒的な知名度を誇る「パンダバス」。同社はタイで30年以上の実績を持つ老舗ツアー会社。定番スポットを押さえつつ、タイ在住者も楽しめるローカルな最新トレンドを取り入れた多彩なプランが魅力。例えばバンコク在住者向けの日帰りツアーでは、潮干狩りやぶどう狩りなど、子どもと一緒に楽しめる体験アクティビティが人気です。

また、老舗ならではの対応力で、前日など直前にツアー参加を希望する方に対しても、できる限り受け入れられるようフォロー体制を整えています。お出かけしたくなったらまずは相談してみてください。

パンダバスはこんな会社

同社は1978年に香港で設立。創業以来、日本から訪れる個人旅行者をメインターゲットとした定期観光バスを運行しており、現在では香港とタイのほか、シンガポール、インドネシア、ベトナムに支店があります。
パンダバスの魅力は、各国にしっかりと根を張り、常に現地の新しい情報を集めているからこそ提案できる、多彩で個性的なツアーのラインナップ。また、旅行者向けのツアーだけでなく、各国に暮らす在住者の皆さんも楽しめるツアーの提案にも常に注力。週末旅行など、思い立ったら気軽にお出かけできるパンダバスのツアーは在住者にも大好評です。

同社は「在住者の皆さんに気軽に利用してほしい」という思いから、プロンポンの「フジスーパー1号店」の近くにも店舗を構えています。ぜひお買い物帰りにぶらりと立ち寄ってみてください。スタッフが日本語で対応してくれます。

規制緩和とともに
“お出かけ”モチベーションもアップ!

コロナ禍でなかなか身動きが取れない状況が続いていましたが、同社では先日ようやくプロンポン店の営業を再開。2020年から2021年にかけてタイへ赴任した駐在員は、まだどこにも行けていないという方もけっこう多いようですが、11月に入って規制が緩和されたことで、元々バンコクに住んでいた方が新しく赴任した方に“パンダバス”を紹介して旅行へ行くということも増えてきたようです。

日本人に人気のあるスポットやツアーを知り尽くしているので、 魅力のある旅先が必ず見つかるでしょう。さまざまな要望にしっかりと応えてくれるところも人気の理由です。

パンダバスは、ここが強み!


同社は特に、バンコクから手軽に行ける近場のツアーに力を入れており、なによりもオリジナリティを発揮したいというコンセプトを掲げています。だからこそ自分達で面白い企画になる場所を発掘して、常に新しい商品を提供しているのです。「新しいものを作りたい!」 という想いは、パンダバスの創業当時から変わることがないと言います。

バンコクから近場の海岸へ遠足気分で出かける“潮干狩り”や、ワインも楽しめるぶどう農園での“ぶどう狩り”、手ぶらで行ける“芋ほり遠足”、船で行っていかだに乗る“いかだ釣りツアー”など、家族でも楽しめるツアーがたくさんあるのは同社ならではと言えるでしょう。
また、LINEメンバーに登録すると、日帰り観光10%割引、季節の遠足ツアー100B引き・パッケージツアー300B引きなどの特典が用意されているので、上手に使ってお得に旅をしてみるのもいいかもしれません。

ちょっと変わった楽しいツアーも


海外からの入国規制が緩和されつつある昨今、それでも観光客が一気に戻ってくるということは難しいでしょう。タイから海外へ行くのもまだまだハードルがあります。タイ国内で楽しんでもらうためにも同社では、タイで喜んでもらえる旅先を強化していきたいとのこと。

それは、「週末どこに行こうか」となった時に、気軽に選んでもらえるような旅…。世界遺産のアユタヤツアーや王宮周辺の市内観光はもちろん、季節ごとに楽しめる花鑑賞ツアーなどの定番な場所以外にも、世界自然遺産のカオヤイやタイのスイスと言われるスワンプンの高原穴場ツアーなどを企画中です。家族みんなで楽しめるオリジナリティに溢れた変わったツアーをどんどん提供していきます。

パンダバスがおすすめする旅はこちらから

“ゴーストマスク・パレード”で有名なルーイ県のピーターコーン祭り

家族で楽しめるアクティビティもいっぱいのプーケット島

極上のビーチリゾートを満喫できるサムイ島

日本から遊びに来た人を案内するなら、まずはワットプラケオ

日帰りツアーの定番なら、やっぱりアユタヤの世界遺産

少し足を伸ばして、人気のカンチャナブリーへ

旅番組などでもよく取り上げられる、メークロンマーケット

人気のパワースポットといえば、ピンクのガネーシャ

パンダバス(バンコク支店)はこちらへ!

 

詳細情報

名前 パンダバス(バンコク支店)
【BTS】チットロム駅、プロンポン駅
Eメール
電話番号
02-656-0026(日本語)
営業時間 【チットロム本店】9:00 - 18:00
【プロンポン店】10:00 - 17:00
定休日 【チットロム本店】定休日:水・土・日
【プロンポン店】12月1日以降 定休日:月・水・木・土
WEBサイト
Facebook
Instagram
LINE
@icg6128m
事業内容 タイ国内旅行の手配、タイ国からの海外旅行
YouTube https://www.youtube.com/channel/UC5-6mxDYXk5dGeirpf5KwmQ
所在地
チットロム本店

L22-23 Lobby Fl., President Tower Arcade, 973 Ploenchit Rd., Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330

所在地
プロンポン店

1st Fl., Ellsie Boutique Mall, Sukhumvit Soi 33/1, Klongton Nua, Wattana, Bangkok 10110


この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る