タイ生活で知っておきたい 害虫&虫除け対策のすゝめ

年間の平均気温は29℃。高温多湿なモンスーン気候に属し、一年中蒸し蒸しとした暑い日が続くタイは、まさに“虫たちの楽園”。なかでも、私たちの生活圏にはあらゆる場所に出没し、不快感や健康被害など良からぬ影響を及ぼす「害虫」は驚くほど逞しい生命力と繁殖力を合わせ持ち、時にはタイ生活を送るうえで悩みのタネになってしまうことも。
 
ひと口に「害虫」と言っても見た目も病害もさまざまですが、蚊に刺されただけで発症する「デング熱」をはじめ命に関わる恐ろしい感染症もあります。気候も衛生環境も日本とは異なるタイの害虫対策を心得て、安心・快適な生活環境を整えましょう。
 

タイ・バンコクの住まいと害虫事情
コンドミニアム高層階ではハチの巣に注意

前述のような気候条件に加え、不動産の建築品質、家庭ゴミの分別に関する意識の希薄さなどさまざまな要因が相まって、いわゆる高級物件や高層階でも害虫に遭遇するリスクがあります。とりわけ目撃頻度が高いのはゴキブリです。

家庭でできる対策としては、台所や洗面所といった水回りを清潔に保つ、引っ越しに使ったダンボールはすぐに処分する、エサとなる食べ物を室内に置きっぱなしにしない、ゴキブリが嫌う市販の虫除け(忌避剤)を活用する、などが挙げられますが、タイ生活の必需品であるエアコンの室外機やホースなど侵入経路も多く、まさに“神出鬼没”状態。一度出てしまったら、プロに駆除を依頼するのもひとつの手です。

また、高層階は高層階なりの心配の種も。というのも近年、コンドミニアムの高層階にハチの巣を作る例が増えています。これは日本のタワーマンションでも事例が多く、ちょっとした社会問題にもなっています。もし、バルコニーなどでハチの巣を発見したら、自分では手を出さずにプロに依頼するのがベター。気をつけてください。

在タイ日本人が暮らすコンドミニアムやアパートと呼ばれる賃貸住宅では、1〜2カ月に一度のペースで、専門業者による害虫駆除(ペストコントロール)が行われているのが一般的。駆除には人体やペットに影響の少ない薬剤が使用され、ロビーや通路といった共有エリアの他、各居住室内にも散布可能(費用は無料)。管理事務所で申し込みをできるところがほとんどなので、上手に活用するとよいでしょう。

 

覚えておくと便利なタイ語フレーズ


殺虫剤スプレーはありますか? 【殺虫剤=สเปรย์ฆ่าแมลง(カーマレン)】

ミー・スプレー・カーマレン・マイ・(カ/カップ)? 
มีสเปรย์ฆ่าแมลงไหม(คะ/ครับ?)


蚊帳を売っていますか? 【蚊帳=มุ้งกันยุง(ムン・ガン・ユン)】

ミー・ムン・ガン・ユン・カーイ・マイ(カ/カップ)?
มีมุ้งกันยุงขายไหม(คะ/ครับ?)

 

 

こんな害虫に要注意!
特に今シーズンはデング熱に気をつけたい!
対策グッズの紹介も

水と食料が潤沢にあり、気温や湿度も快適そのもの。そんな住人にとって居心地の良い「住まい」は、残念ながら害虫にとっても絶好の「巣みか」でもあるのです。
家の中に「入れない」「増やさない」「刺されない」の三原則を忘れず、日頃から予防と対策を心掛けましょう。

 
 

ヤブ蚊【発生シーズン:通年】

そして、今シーズンは特に注意!とされているのが、いわゆる熱帯病としてタイ全土で警戒が呼び掛けられるのが「デング熱(DENGUE/BREAK BONE FEVER)」。コロナ禍で外出する機会が減り、デング熱に対する免疫力が下がっている人が多いことから、保健省も警鐘を鳴らしているほどです。

デング熱はヤブ蚊(主にネッタイシマカ、ヒトスジシマカ)がデングウイルスを媒介することにより起こる感染症のひとつで、タイでは毎年数十万人が感染、100人ほどが命を落としています。

ボウフラと呼ばれる蚊の幼虫は5〜9月にかけての雨季に発生しやすく、水辺やゴルフ場などでは特に要注意。屋外でのアクティビティには長袖を着用する、虫除けを携帯するといった蚊除け対策が必要です。また、一般的なタイの集合住宅には網戸が無いため、家の中に侵入しやすいのも難点。低層階にお住まいの場合は、蚊取り線香や蚊帳(タイ語で蚊はユン、蚊帳はムン・ガン・ユン)を用いるなど工夫を講じましょう。デング熱は刺されないことが唯一の予防法なのです。

 

一番上へ戻る