タイの郵便

タイの国営郵便局(Thailand Post)では、どの窓口でも手紙・小包の郵便物を国内外への発送や国際EMSの受付など、日本と同様にサービスを行っています。

タイ国内郵送。郵便局にてEMSを出す方法!

【タイ国内郵送】便利で安心なタイの小包郵便。EMSの利用方法をご紹介!
動画の再生時間:2分1秒

タイから日本へ郵便物を出す方法

国際通常郵便

国際通常郵便の書き方


手紙やはがき、書籍などを日本へ送りたい時には国際通常郵便を使います。宛先は「JAPAN」「AIR MAIL」とアルファベットで表記すれば、郵便番号や都道府県などは日本語で大丈夫です。より正確に送るためにはポスト投函ではなく、直接郵便局の窓口で渡すことをおすすめします。


EMS(国際スピード郵便)

EMSの伝票の書き方


書類や物品を、航空便よりも早く届けることができるサービスです。
タイ国内に送る場合は自宅でので集荷するサービスを利用できます。サービス料は、荷物の重量によって異なり、コールセンター(1545/英語可)かLINE(@ThailandPost)で問い合わせしてください。

万が一荷物が紛失したり破損してしまった場合には書類には3,000Bまで、物品には7,000Bまでの補償制度があります。また、アプリやウェブサイト、コールセンターによる追跡サービスもあって便利です。


国際小包郵便

国際小包郵便伝票の書き方


日本へ送ったときの早く着く順は、

  • ①EMS(国際スピード郵便)
  • ②航空郵便
  • ③SAL便(航空機の空きスペースを利用する方法)
  • ④船便

の順番です。
船便は大きくて重量のある荷物を安く送りたい時には最適。
通常、EMSは3〜5日、航空便は7〜14日、SAL便は2〜3週間、船便は1〜2カ月程度が目安です。


WEBサイトで日本までの送料を検索!

タイ郵便局の料金検索ページ https://www.thailandpost.co.th/index.php?page=rate_result&country_code=JP&weight=3000&language=en

課税された荷物を引き取りに行く

タイに届いた国際郵便は原則、宛先人に引き渡す前に開封検査が行われ、免税物品(梱包物の価格が1,500B以下)と、課税物品(梱包物の価格が40,000B以下)に選別されます。つまり、梱包物の価格が1,500B以上で課税物品と判断された場合、郵便物を受け取る前に税関局担当官が評価した税額を支払わなければなりません。郵便局から「国際郵便受取通知書」が届くので、通知書とパスポートを持って指定の郵便局に行きましょう。


スクンビット近郊 郵便局・郵便サービス店舗

  • ①シーナカリンウィローと大学
  • ②サーミットタワー
  • ③パサンミット
  • ④【閉鎖】クイーンシリキット
  • ⑤トンロー
  • ⑥クルアイナムタイ
  • ⑦プラカノン
  • ⑧クロントン
  • ⑨バンコク・メディプレックス

民間の郵便サービス会社

国営郵便局のほかに民間郵便サービスがあり、BTSの駅やデパートなど多くの場所で郵便を頼めます。


Kerry Express


KERRYを使った荷物の送り方

KERRYの店舗について

バンコク都内には多数あり、例えばプロンポン駅周辺だとBTSプロンポン駅やデパートのエンポリアム、ファミリーマート各店など。BTSトンロー駅やアソーク駅直結のターミナル21などにあって便利です。


送りたい荷物の梱包について

段ボールボックス、プラスチック製封筒、紙製封筒など。これらに合致しない荷物の梱包については、直接KERRYに問い合わせてください。


料金について

荷物のサイズと重量によって計算されます。下記のサイトで計算することが可能です。



料金の例

料金は25Bからで、バンコク首都圏内から発送してバンコク首都圏内に届ける場合は下記の参考にしてください。

ボックスSサイズ
(幅、長さ、高さの合計が60cmまで 重さ7kg未満)

65B

ボックスMサイズ
(幅、長さ、高さの合計が90cmまで 重さ10kg未満)

90B

ボックスLサイズ
(幅、長さ、高さの合計が120cmまで 重さ15kg未満)

90B


配送にかかる日数について

バンコク都内と近郊は1営業日で、他県は2営業日が基本です。


荷物追跡サービスについて

下記サイトでレシートに記載されている追跡番号を入力します。



アプリ(Kerry Express)はこちらからダウンロード

iOSアプリAndroidアプリ

その他の民間の郵便サービス会社

MAIL BOX ETC 

「エムクオーティエ」や「エンポリアム」、「シーロムコンプレックス」といった様々な商業施設内に店舗があり、年中無休で遅い時間でも利用可能です。料金は割高だが郵便物の発送代行業務の他、国際輸送サービス会社「SAGAWA」や「FedEX」、「UPS」などを取り扱っています。


DHL

世界220カ国以上の国と地域をネットワークで結んでいます。「国際エクスプレス郵便」は最大重量70kgまで対応可能です。


Flash Express

2017年に設立された国内輸送サービスです。バンコクと近郊のみですが、自宅への無料集荷や翌日スピード配送サービスを行っています。


J&T Express 

2018年設立。最大重量50kgまで対応しており、ウェブサイトとアプリ上で荷物の追跡や最寄り支店の検索が可能です。


この記事をSNSでシェア!



一番上へ戻る