タイの郵便

タイの国営郵便局(Thailand Post)では、どの窓口でも手紙・小包郵便物といった国内外への発送や、国際EMSの受付など、日本と同様のサービスを行っています。

タイから日本へ郵便物を出す方法

国際通常郵便

国際通常郵便の書き方


手紙やはがき、書籍などを日本に送りたい時には国際通常郵便を使います。
宛先は「JAPAN」「AIR MAIL」とアルファベットで表記すれば、郵便番号や都道府県のほかは日本語で大丈夫です。
より正確に届くようポスト投函ではなく、直接郵便局の窓口で渡すようにしましょう。


EMS(国際スピード郵便)

EMSの伝票の書き方


書類や物品を、航空便よりも早く届けることができるサービスです。
朝のうちに郵便局のコールセンター(1545/英語可)に連絡すれば、当日8〜16時の間に無料集荷をするサービスもあります(重量20gまで・時間指定不可)書類には3,000Bまで、物品には7,000Bまで補償制度があるので、万が一荷物が紛失、破損してしまった場合も安心。
また、アプリやバーコードラベルによる追跡サービスもあり便利です。


国際小包郵便

国際小包郵便伝票の書き方


日本まで早く着く順に、

  • ①EMS(国際スピード郵便)
  • ②航空郵便 
  • ③SAL便(航空機の空きスペースを利用する方法)
  • ④船便

の4つの方法があります。
船便は大きく重量のある荷物を安く送りたい時に最適。
通常、航空便は7〜14日、SAL便は2〜3週間、船便は1〜2カ月かかります。


WEBサイトで日本までの送料を検索!

タイ郵便局の料金検索ページ https://www.thailandpost.co.th/index.php?page=rate_result&country_code=JP&weight=3000&language=en

課税された荷物を引き取りに行く

タイに届いた国際郵便は原則、宛先人に引き渡す前に開封検査が行われ、免税物品(梱包物の価格が1,500B以下)と、課税物品(梱包物の価格が40,000B以下)に選別されます。
つまり、梱包物の価格が1,500B以上で課税物品と判断された場合、郵便物を受け取る前に税関局担当官が評価した税額を支払わなければなりません。
郵便局から「国際郵便受取通知書」が届くので、通知書とパスポートを持って指定の郵便局に行きましょう。


スクンビット近郊 郵便局・郵便サービス店舗


民間の郵便サービス会社

国営郵便局のほかに民間郵便サービスがあり、BTSやデパート等でも利用できます。


MAIL BOX ETC 

スクンビット界隈のBTS各駅をはじめ、「エムクオーティエ」「エンポリアム」といった商業施設内にも店舗があり、年中無休で遅くまで利用可能。
料金は割高だが郵便物の発送代行業務の他、国際輸送サービス会社「FedEX」「UPS」を取り扱う。



DHL

世界220カ国以上の国と地域をネットワークで結ぶ。
「国際エクスプレス郵便」は最大重量70kgまで対応。


Flash Express

2017年に設立された国内輸送サービス。
自宅への無料集荷や翌日スピード配送サービスを行う(バンコク近郊のみ)


J&T Express 

2018年設立。
最大重量50kgまで対応し、ウェブサイト・アプリ上で荷物の追跡や最寄り支店の検索が可能。


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • オフィス構築、家具・文具販売
    100社あれば100通りのオフィスがある。「KOKUYO」が新たな働き方を提案。

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top