将来的なリーダーを目指せるような
創造力あふれる人間を育てていきたい

 

なぜインターで学びたいのか?

あまたのインター校がひしめくバンコクでのインター校選びは、どこから手を付けていいのか、何を基準に決めたらいいのか分からない方も多いはず。
まずは、「どうしてインターに通いたい(通わせたい)のか」という目的を明確にすることが重要です。
漠然と「英語力を身につけさせたい」という意識では、入学して数年後に「こんなはずでは…」という事態に気づくケースも。
インターに通うメリットデメリットをきちんと理解したうえで、お子さまに合った学校を選ぶことが何より重要です。

お子さま自身が乗り気ではないのにインターに送り込んでも、英語力は身につきません。
日本人のお友達がたくさんいる学校ならなおさら。
インターの楽しい雰囲気だけ吸収して、せっかくの貴重な学習時期である十代前半を「ほとんど何も学習できていない」数年間にしてしまうという結果に。
英語力が十分でなければ、理科や社会はもちろん、ほとんどの科目を理解できないため、全く学べない数年間を過ごしてしまう結果となります。
それならば、日本の学校できちんと学ぶほうがよっぽど成長にいいでしょう。

「インターに通って、大学でもビジネスでも使えるレベルの英語力を身に着け、IB(国際バカロレア)カリキュラムを選択し、それを使って大学に進みたい!という明確な目標があるのであれば、S107はとてもお勧めできるインターです。

 

少人数制でしっかり学ぶ!

S107の最大の特徴は、一クラスの人数が少ない「少人数制」を取っていること。
小さなクラスだと生徒二人に先生一人、というIBDPクラスもあります。
少人数制の強みは、何と言っても先生の目がしっかりと生徒の学習の隅々まで行き届き、細やかなフォローがしてもらえること。
分からないところも授業中にその場で質問して理解できるので、「分からないまま時間が過ぎてしまった」ということが起こりません。

英語サポートクラスももちろん少人数制なので、英語力の伸びが違います。
理科や社会の授業で学んでいる単元で使われる英語を、英語サポートクラスで学習することで、それぞれの科目での理解力を維持できるほか、授業内サポートといって、英語サポートの先生が各科目の授業に一緒に入り、横で教えてくれる形もとっています。
各生徒に合った個別の学習方法を提案してくれるのも、少人数制ならでは。
しかし少人数制のため人数制限があり、現在はWaiting Listになっている学年もあるので、早めに問い合わせをしたほうがよいでしょう。

 

 
 

IB選択で重要な日本語Aクラスあり!

もう一つの大きな特徴は、IBDP(国際バカロレア)コースにおける科目選択が豊富なこと。バンコクのマンモス校とほぼ同程度の選択科目を有しており、理科だけで6科目、社会は5科目、そして 芸術科目にはバンコクでは数校しか有していないフィルム(映像)クラスもあります。

また、日本人生徒にとって最も重要な「IBDP日本語A(母国語)」が2019年から新設。「IBは難しい!」という声をよく聞きますが、それは「日本語A」コースがないインターでIBを取るからであって、6科目中の1科目を母国語で取れることは大変大きなアドバンテージ。45点満点のうち、2-5点は変わってくるといっても過言ではないほどです。バンコクのインターで日本語Aを有しているのは数校しかないので、IB取得を考える際は、必ずこの点を確認することを強くお勧めします。

S107は日本人担当者が窓口となっているため、気軽に問合せをして、まずは学校訪問をしてみては。また無料トライアルディが開催される期間もあるため、こちらも興味があればぜひ問合せを。

 

 

同校のプログラム(過程)について

まずアーリーイヤーという小学校のプログラムを終えると、小学校のPYPというプライマリープログラムに進みます。
その後、セカンダリーに移ると10年生、11年生のIGCSEというカリキュラムになり、最後が12年生、13年生の最終課程となります。

 

バンコクにはいくつかのインタースクールがあるが、同校の特徴とは

バンコクには学校として正規登録されたインタースクールが約120校あります。
そのうちの4校がセントアンドリュースのグループで、そのうちの2校がプライマリーのみとなっています。
セカンダリーまであるのが当校と、パタヤにあるグリーンバレーとなります。

また、アジアというくくりですと当校は「コグニタ」という世界で80校近くあるエデュケーショングループに所属しているので、一つの学校規模をマンモス化する必要がなく、当校のモットーの一つでもあるスモールキャンパスを貫いています。
その理由は、生徒はもちろん保護者の方々にも、数ある中から学校を選ぶ権利があると考えるからです。

ですから私たちは“小規模であることの素晴らしさ”を知っているので、けっして規模を大きくしすぎません。
一つ一つの規模は小さいですが、グループ全体としてみれば大きいというのが特徴です。

 

教育方針は

一人ひとりの子供に合った学習と、それに伴う伸び具合を大切にしています。
“みんなでここまでできら良い”ではなく、“この子はここまで伸びてみよう、あの子はここまで来たからもう少し伸びてみよう”というスタイルを大切にしています。

 

日本人が入学した場合のベネフィットは

まず英語教育で、これは他のインタースクールでも同じだと思いますが、母国語に加えて英語力を養うことで今後の人生において大いに役立たせることができます。

もう一つは当校の教育方針にあるのですが、考える力を伸ばせることです。
将来的に何かの組織でリーダーになったり、人をひっぱって行く存在になれるようにクリエイティブな力を持った素養を作りだせることです。
これは少人数制だからこそ実現できる当校の強みだと思っています。

 

今後の展望は

学術的な側面でいえばすでに確固たるものが出来上がっているので、それを継続していきます。
今後の2年に関しては勉強以外の面での生徒の個性であったり、人とのコミュニケーションの取り方など、人間形成に関わる部分を創造できるカリキュラムに注力していく予定です。

 


スクール情報

名前 St. Andrews International School Sukhumvit 107
セントアンドリュース インターナショナル スクール スクンビット107校
ジャンル
エリア
Eメール
【グリーンバレー校:岩木香織(両校担当)】 gvjp@standrews-schools.com
電話番号
【スクンビット107校、グリーンバレー校:岩木香織(両校担当)】 063-950-5360
WEBサイト
Facebook
教育プログラム イギリス式, IB, IGCSE
受入年齢 2〜18歳
日本語授業 あり
所在地

7 Sukhumvit 107 Road, Bangna, Bangkok 10260


※掲載記事は取材時点の情報を元に作成しております。施設(またはお店・企業・物件等)の都合や現地事情により、実際の情報と記事内容が異なる場合がございます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top