HORIUCHI TECHNOLOGY (THAILAND) CO., LTD.

プレス金型設計・製作、3次元NCデータ作成、3次元CAD・CAMモデリングほか

堀内テクノロジー タイランド

高度なCAD/CAMシステム
設計開発のプロフェッショナル

 

自動車・オートバイ用PRG型・タンデム型の金型製作を専門とする「堀内テクノロジー」がタイへ進出したのは2011年。当時、大洪水に遭いながらも地道な営業・製作を続け、14年には自社工場を設立。スペースを拡張し、大型の設備を強化することで製作可能な金型の種類も増えたという。

同社の自慢は、専門スタッフ約10名を備えた設計開発チーム。独自の3D設計システムを駆使し、顧客の希望を具現化。類を見ないスピーディーな対応を可能にする。ゼロから育て上げたというスタッフは、すべて日本語でのコミュニケーションが可能。「細部まで日本語で説明できるので、成長も早い。同チームに関わらず、社員はすべて日本語が話せる」と堀内代表取締役。1年間に4名のスタッフを日本へ派遣するなど、人材強化にも余念がない。コミュニケーションの差異によるミスが最小限に抑えられ、設計から納品までスピーディな製作に繋がるからこそ、「高品質・短納期」を実現できるのだ。

「メンテナンスの必要がない確実な製品を目指しています。クオリティが高いという自負がありますので、安価とは言い切れませんが、後々負担するメンテナンスなどのコストを考えれば良し悪しが分かると思います。弊社に頼めば“安心”とお客様に言ってもらえるのはうれしいですね」。

今後は、自ら生み出す技術・発想力を強化したいという同社。ハイレベルを誇るCAD/CAMシステムのプロフェッショナル集団に、依頼が集まるのは必然だろう。

 

  • ①3Dデータによるオフラインティーチングで高精度かつスピーディーな処理が可能な「レーザー加工機」
  • ②短納期を実現する組立・仕上げの「400tプレス」
  • ③高精度・高品質な金型はコスト削減もサポート(写真はサンプル)
  • ④独自の3D設計システムを駆使したCAD/CAMは専門スタッフ多数
  • ⑤大部分が日本語を話せるというスタッフ陣(写真中央が堀内代表取締役)

 

  TEL: 038-027-341 / 080-054-3017(堀内)
  Amata City Industrial Estate, 7/440 Moo 6, Mabyangporn, Pluakdaeng, Rayong 21140
  E-mail:horiuchi@horitec.co.jp
※この情報は2017年10月現在の取材を元にしています

 

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • ウイルス・細菌除菌サービス フードグレードのバイオ洗浄剤
    ウイルス・細菌除菌サービスで これからの社会に貢献

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top