100年先も人々に寄り添う “開かれた日本人会”を目指して

19歳でタイの文化に触れ、駐在員としてバンコクに赴任。そして40代で再びタイへ。
「私を育ててくれたタイに貢献を」との想いから農村支援プロジェクトを立ち上げ、
歴史ある日本人会に新たな風を吹き込む熊本さん。そこで見つけた、課題と目標とは。

情報化が進む時代の移り変わりに対応しながら、在留邦人の暮らしを支援する「タイ国日本人会」。今年で創設106周年を迎え、会員数約7000名と世界の日本人会の中でも最大規模を誇ります。創刊50年以上の会報誌「クルンテープ」の発行をはじめ、会員同士の交流の場となるイベントなどを運営。熊本さんはそんな同会の事務局長を務めています。

熊本さんとタイの出会いは97年。大学1年生の夏休みに遡ります。「チュラロンコーン大学とのプログラムで1週間ホームステイし、『学生とスラム』というテーマで映像を制作しました。初めてのバンコクの印象は、やはり貧富の差が大きい街だなと。将来移住することになるとは、その時は思いもしませんでしたね」と、懐かしげに当時を振り返ります。

幼少期を海外で過ごし、将来は世界で活躍したいと思っていた熊本さん。大学卒業後は日系大手自動車メーカーに就職し、広報やブランド企画を担当。入社3年目の2002年に念願の海外赴任のチャンスを掴み、再びタイを訪れます。
「当時からタイは自動車産業の集積地。私は女性6名の広報チームに所属し、13カ国を統括するコーディネーター役でした。右も左も分からない新人が、大きなモーターショーから裏方仕事まで貴重な経験をさせてもらえたことは、一生の財産ですね」と目を輝かせます。そうして熊本さんが実感したのが、働くタイ人女性の懐の深さだったそう。「みんな働き者だし、とにかくパワフル。休憩時間に搾乳しながら、仕事は完璧にこなすワーキングママばかりでしたから。私も彼女たちの背中を必死で追いかけました。タイでの経験が、私を成長させてくれたんです」。

タイ国日本人会が主催し、2年に一度開かれる日タイ交流イベント「ラムウォン盆踊り大会」の様子

40歳で迎えた人生の転機。
タイへ、自分なりの恩返しを

古巣を辞め、熊本さんがタイに移住したのは3年前。「成長の機会を与えてくれたタイに貢献を」との想いから、米どころブリーラム県出身の元同僚と共に、同県のオーガニック玄米農家を支援する「Rice is Life Project」を企画。米作りが衰退する農村に2台のミシンを持ち込み、農民に玄米を使った温熱パッドの作り方を指導。米に付加価値を与え、米農家の副収入支援を始めたのです。
「細々とですが、支援プロジェクトを通してタイ社会と繋がれたと感じています。昨年はタイ法務研究所(TIJ)により地域貢献が認められ、温熱パッドが“タイの希望を紡ぐギフト”にも選ばれました。励みになりますし、ライフワークとして続けいきたいですね」と、顔を綻ばせます。

熊本さんの“恩返し”は、これだけに留まりません。「タイに住まわせてもらう移住者だからこそ、役立てることがあれば」と昨年5月、「タイ国日本人会」の屋台骨を支える事務局長に就任。外部オブザーバーを招いた「企画推進部」の立ち上げをはじめ、広告製作や新規イベントの企画といった“改革”に次々と着手しています。「事務局長の大役をお引き受けするなんて恐れ多いのですが…。ただ、企業とのコラボイベントなど蒔いた種がやっと芽を出し始め、まだまだやりたいことも。先人から受け取ったバトンをきちんと次世代に渡すために、頑張るしかないですね」と、さらなる意欲を覗かせます。

今年は恒例の伝統行事「ラムウォン盆踊り大会」の開催などを控え、タイと日本の文化の架け橋としてますます注目される同会。その舵を取る熊本さんの体当たりの挑戦も、まだ始まったばかりです。


PROFILE
熊本 奈々子
Nanako Kumamoto
1975年生まれ、東京都出身。父親の転勤により、6歳でアメリカに渡り現地の公立小学校に入学。帰国後も積極的に海外交流を図り、慶応大学在学時に短期プログラムを利用しタイへ。自動車メーカー勤務を経て、2016年よりタイに移住。タイ国日本人会の事務局長として、辣腕を振るう。LINE(@nihonjinkai)で、最新情報を更新中。趣味はローカル市場巡り。


バンコクすくすく会
1月中なら何度でも無料
体験プロモーションを実施中!
バンコクでの出産・子育てを支援する「バンコクすくすく会」。1月中は、非会員でも日本人会の室内遊び場「すくすくキッズルーム」を無料で利用できる他、1/18(金)に開催の「わんぱくミーティング」といった、各種交流イベントにも参加可能です。詳細は下記まで。
[問い合わせ]
Tel:0-2662-4948(別館)
Email:sukusukubkk@gmail.com
Website:https://sukusukubkk.wixsite.com/sukusukukai


編集部より
伝統ある組織を“改革”するのは、想像以上にハードルが高く、一筋縄ではないことも多いはず。それでも「次の100年に役立つ組織を残したいから」と、静かな情熱を宿した熊本さんの瞳が印象的でした(佐々木)


関連記事

  1. “みんなに笑顔で帰ってほしい”
    整体師 兼 シングルマザー

  2. 現役プロサッカー選手が “宮城・東北・タイ”の魅力発信

  3. 人生の“パートナー”を作る
    タイ義肢財団・義肢装具士

  4. 人と人を繋ぐきっかけに ストリートスナップ「YOU & ME」

  5. “みんなのキレイがやりがい” 美容業界37年、肌の専門家

  6. 海外初のA級選手が目指す “競技かるたのタイ人世界一”

  7. “今のタイをプロデュースする”
    タイ国政府観光庁アドバイザー

  8. 学んで歩いて出逢って、 “まだ知らないタイ”を発見

  9. アジア全域、大使館職員の “健康”を支える精神科医

おすすめ記事

  1. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  2. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  3. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び
  4. 冷えと代謝
  5. ソンクラン 旅行特集 第2週

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP