マーケットでよく見る「カラフルなお菓子」って?

カラフルな野菜や果物がモチーフ
マーケットで野菜や果物の形をした、カラフルなお菓子を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

その可愛らしいお菓子の名前は「ルークチュップ」。

緑豆の皮をむいて茹でた後、すり潰してからココナッツミルクや砂糖で味付け。

少し固まったら好きな形に整えて、パンダンリーフやカボチャ、ココアなど食品の色素で色付けをします。

仕上げは砂糖で煮込んだ寒天を添えて出来上がり。

オレンジやマンゴスチン、パパイヤやニンジンなどの形をしたものが多いですね。

由来はポルトガルから

このルークチュップは、潰したアーモンドと砂糖、蜂蜜をベースにして作られるポルトガル生まれのお菓子「マルチパン(Marzipan)」に由来すると言われています。

表面はぷるぷるでツヤツヤ、口に含むと寒天がプチッとはじける食感の良さも魅力。

素朴な美味しさですが、職人の繊細で丁寧な技が感じられる、目でも舌でも味わえる個性的なお菓子。

屋台でもデパートでも売っているので、ぜひお試しを。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る