タイ警察の警察帽の 紋章は何のマーク?

現在のタイ警察帽の紋章 ー おしえてタイランド

今回はタイの警官がかぶっている警察帽についた紋章のお話です。タイ警察(タイ国家警察とも呼ばれる)の警察帽にある紋章はこれまでに4回変わっていて、紋章の歴史はラマ4世の時代(19世紀中頃)が始まりだといわれています。

1番最初の紋章には金属で作られた「3つの頭を持つ象」の紋章と「サイアムの巡査」という文字が刻まれていました。

その後も変更を繰り返し、5つ目となる現在の紋章は1949年から使われています。

 


 

現在の警察帽にはラマ5世の国紋章をモチーフにした紋章が使われており、紋章の下にはタイ語で「平和維持軍」という言葉を刻印。

タイ警察の公式マーク ー おしえてタイランド

タイ警察の公式マークは「盾と剣」で、1897年にデザインされて以降、現在も同じマークが使われています。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る