日本人ファイナンシャルプランナー(FP)が多数在籍。 帰国後も安心サポートの「Insurance 110」(インシュランス・ワンテン)に多く寄せられている疑問や、皆さんが知りたいであろう情報を載せていきますので、是非ご覧ください。

海外送金

伊奈さん

こんにちは、
Insurance110の伊奈です。

みなさんは海外送金する際にどこを使って送金していますか。海外送金と言えばやはり英国フィンティック企業の「Wise」 でしょうか?

先日、日本のGMOあおぞら銀行が、このWiseと提携をしたというニュースがありました。日本国内の法人向けで導入するWiseのシステムを利用して送金することで、現在のスイフトを使った送金よりも手数料が3割前後下がるそうです。

Wise の一番の特徴は、安くて明確な手数料と着金の早さです。

一般の銀行を利用して送金をすると、スイフト送金となりいくつかの中継銀行を介して目的の銀行に着金するので、どうしても手数料が高くなり着金にも時間がかかります。それに対して、Wiseは独自の銀行口座のネットワークを利用して送金を行っています。国内送金を活用した仕組みで送金を行っているため手数料を格安に抑えることができ、送金にかかる時間も大幅に短縮できるようになっています。また、中継銀行によって思わぬ手数料が取られてしまう心配がないため、手数料は初めから明確化されています。

また、マルチカレンシー口座で50以上の通貨を保有することができます。これにより送金はもちろん、受け取りや支払いへの利用も簡単です。マルチカレンシー口座にリンクされたデビットカードを使えば、残高を世界中で決済することができたりもします。

今や世界中でデジタル化が進み、銀行窓口で行っていた業務もどんどん減ってきています。日本でも、楽天銀行やソニー銀行などのネット銀行を利用する人が増えていて、銀行に求めることはこれから先もっと減っていくのかもしれません。また、定期預金金利なんか見ても一般の銀行よりネット銀行のほうが良かったりします。

私たちのような海外に居住する者にとって、安くて便利になることはありがたいことです。海外の投資商品や保険商品の支払いの際にも利用することが可能です。

ぜひ、こういったものを利用して経費の削減をしましょう。

伊奈さん ファイナンシャルプランナー
タイ在住13年

■趣味■
バトミントン テニス ウエイクボード 将棋 タイ語 釣り その他10種以上

■得意分野■
海外駐在員の個人資産運用、医療保険、火災保険、ゴルファー保険の個人向け保険 保険全般幅広い知識からのワイドサポート タイの病院選びサポートなど

■経歴■
日本大手店舗内装会社に勤務16年(47都道府県全てにshop作り) タイで農業6年(イチゴや日本の野菜10種以上)
現在保険金融業4年 タイに居ながら色んな保険を比較検討しお客様にご紹介しています。 お客様サポートNO1を目指し、より人生を長く幸せに暮らしてもらう為に日々取り組んでおります。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る