【フィリピン】グローブの5G基地局、1000カ所を突破

【亜州ビジネス編集部】

アヤラ・グループ傘下の通信大手グローブ・テレコムは12日、国内の第5世代(5G)移動通信に対応する基地局が1045カ所に達したと発表した。

現在マニラ首都圏とマニラ東部のリサール州に848カ所が集中しており、ビサヤ地方の4州とミンダナオ島の2州で183カ所を展開。ビサヤ地方ではセブ州に64カ所、ミンダナオ島では南ダバオ州に72カ所と人口の多い地域を重点に整備を進めている。

同社は昨年9月、5G基地局900カ所の追加設置を発表。アボイティス財閥傘下のアボイティス・インフラキャピタル(AIC)や、地場系とマレーシア企業の合弁会社ISOCイードットコ・タワーなどから共用基地局を借り受けるなどして拠点を拡大している。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top