【ベトナム】北部ハイフォン市、2カ所目の国際空港の建設提案

【亜州ビジネス編集部】

北部ハイフォン市の人民委員会は、市内で2カ所目となる国際空港「ティエンラン国際空港」の建設を運輸省に提案している。

2050年を見据えた35年までの市の開発計画を実現するため、必要になるとしている。ベトナム・インベストメント・レビューが9日付で伝えた。

市は航空旅客数を30年までに年1300万人、45年までに同2760万人に引き上げる目標を掲げている。現存するカットビ国際空港の拡張についても提案しているが、これが実現しても能力が目標に届かないため、新空港の建設を提案している。

同市にはブリヂストンや韓国のLG電子などグルーバル企業からの外国直接投資(FDI)が多く、地場自動車メーカーのビンファストも工場を構える。

市人民委員会は、同市をアジアで有数の先進都市に発展させるべく、空路や陸路、また市内の交通網の整備を積極的に進めている。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top