【タイ】ガルフと三井物産の発電所稼働、三菱パワーが設備納入

【亜州ビジネス編集部】

独立系発電事業者(IPP)のガルフ・エナジー・デベロップメントは、東部チョンブリー県に建設した三井物産と合弁の天然ガス火力発電所が先月末に商業運転を開始したと発表した。

ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)式で、三菱パワーが効率の高い最新機種のガスタービンを納入した。

三井物産とガルフは同県シラチャー郡と東部ラヨーン県でそれぞれ2650MWの天然ガス火力発電所を建設する。

2カ所合計で8基のタービンなど発電設備を三菱パワーに発注しており、今回は初号機が稼働を開始した。チョンブリの2〜4号機は今年10月から来年10月に、ラヨーンの残り4基は23〜24年にかけての稼働開始を予定している。


亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/


この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top