【フィリピン】日本が完成装備品を初輸出、三菱電機製の警戒管制レーダー

日本の防衛省は8月28日、三菱電機とフィリピン国防省との間で警戒管制レーダーの輸出契約が成立したと発表した。

日本の国産防衛装備の完成品輸出は、2014年に防衛装備移転三原則を策定して以降、初めてとなる。

固定式の3基と移動式の1基のレーダー計4基を約1億米ドルで納入する。三菱電機は日本の自衛隊向けレーダーを基に、フィリピン空軍の要求に基づいて新たに開発・生産する。

防衛省は「フィリピンとの防衛装備協力を推進することは、日本と地域の平和と安定の確保においても重要」とコメント。


(亜州ビジネス編集部)

亜州ビジネスASEAN
https://ashu-aseanstatistics.com/



この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top