メニュー

審査登録機関の変更(認証の移転)

ISO・IATFの認証機関は変更できることをご存知ですか?

​IAF加盟の認定機関のシンボルが付いた登録証をお持ちのお客様は、通常の移転手順に基づく文書レビューで移転が可能です。
現在のサーベランス審査のタイミングでの移転も可能です。審査は通常のサーベランスと何ら変わりません。

既に「ISO 9001:2015」を取得済のお客様

IAF加盟の認定機関のシンボル付き2015年版認証登録証をお持ちのお客様は、通常の移転手順に基づく移転前のレビューにて移転が可能です。 上記以外のお客様でPJRへの移転をご希望のお客様は、お問い合わせください。

こんな事でお困りではありませんか?

ISO認証維持の費用を見直したい
当社の登録証に認定機関のマークが無い
毎回の審査で指摘が全くない
審査がマンネリ化している
顧客サービスに不満がある
審査日程が柔軟に対応してもらえない
審査の回数が多い
日本人経営者への説明が無い

このようなお悩みや審査の成果を望まれる場合は、認証機関の変更をご検討ください。

認証機関をPJRに変更したお客様からは次のような声いただいております。

日本人経営者が審査について理解・納得出来た。

「プロセスアプローチ」の意味がよくわかった。

指摘がわかりやすく、納得できた。

今までにはない、現場の実務に沿った審査だった。

現場の担当者へのインタビューや、実演して見せてほしいといった要求もあり、2者監査を受けるような審査方法で充実感があった。

セミナーや規格についての相談など、フォローがしっかりしている。

審査が「予防」につながっていると感じた。

審査員の話し方やマナーが良い。

日本語で相談出来る。

定期的に営業担当が連絡をとってくれるので安心。

認証移転フロー

1.お問い合わせ

2.必要認証登録 / 情報の収集

3.お見積もり提出

4.ご契約

5.移転審査(文書レビュー)

6.判定委員会の決定

7.登録証の発行

8.サーベランス審査

認証機関の変更をご検討される場合は、お気軽にお見積りをご依頼ください。

一番上へ戻る