WASTE MANAGEMENT SIAM CO., LTD.

資源リサイクル事業、廃棄物処理事業、土壌浄化事業、環境コンサルティング事業

資源リサイクル事業、廃棄物処理事業、土壌浄化事業、環境コンサルティング事業

メニュー

ホーム

廃棄物処理とリサイクル
土壌調査・浄化のスペシャリスト

鉱山業を出発点にして、資源リサイクル、廃棄物処理、土壌浄化などの環境・リサイクル事業で、資源循環型社会の構築に貢献し続けているDOWAグループ。
同グループが2009年にタイで廃棄物処理・リサイクル業を展開するWaste Management Siam社(以下WMS)とEastern Seaboard Environmental Complex社(以下ESBEC)、Bangpoo Environmental Complex社(以下BPEC)を買収。
2000年からWMSグループとして、廃棄物の収集運搬・焼却・最終処理をはじめ、各種の環境サービスを提供している。

環境関連ビジネスが急成長しているタイで
世界水準の廃棄物管理サービスを展開

近年東南アジアでは廃棄物や有害物質の不適正な処理で、人々の健康に被害が出たりと環境問題の解決が大きな課題となっている。適正に廃棄物を処理することと、リサイクル施設が未だ十分でないのが現状。今後各国の政府や自治体だけでなく、東南アジアに進出している企業からも適正な廃棄物の処理とリサイクルのニーズは高まり、中長期的に環境関連ビジネスとして急成長が見込まれる。

タイで2000年に設立したWMSは、米国最大の廃棄物処理会社であるWaste Management社の流れを汲む会社であり、先進諸国と比べても遜色無い世界水準の廃棄物管理サービスを展開。

多岐にわたる顧客ニーズに応えるWMSグループ

廃棄物処理、リサイクル、土壌調査・浄化に関する総合窓口
Waste Management Siam Ltd. (WMS社)

廃棄物処理、リサイクル、土壌調査・浄化に関する総合窓口。さまざまな廃棄物に関する適切な処理方法を提案してくれる。

住所 25th Fl., Central City Tower 1 Bldg., 589/142 Debaratana Rd., North Bangna, Bangna, Bangkok 10260
TEL 02-745-6926〜7

廃棄物の焼却処理などの拠点
Bangpoo Environmental Complex Co., Ltd. (BPEC社)

タイに2ヶ所しかない大型廃棄物焼却処理施設の1つを保有するのが同社。廃棄物の焼却処理などの拠点として環境関連事業を支えている。

住所 966 Moo 2, Soi 3B, Bangpoo Industrial Estate, Sukhumvit Rd., Bangpoo Mai, Samutprakarn, Samutprakarn 10280
TEL 02-709-2546

廃棄物の最終処理、廃油・廃液処理などの拠点
Eastern Seaboard Environmental Complex Co., Ltd. (ESBEC社)

最終処理施設を保有する大手会社の1つ。国際基準にも適合した廃棄物の最終処理と廃油・廃液処理などの拠点。

住所 88 Moo 8, Bowin, Sriracha, Chonburi 20230
TEL 038-346-364

今、最も“熱い”事業と同社の強み

有害廃棄物の焼却処理

BPECは流動床式焼却設備と発電設備を保有し、主に非有害廃棄物の焼却処理と熱回収・発電を行ってきた。2017年には、先行してフロンやエアバッグに処理品目が限定された制限付きの有害廃棄物認可を取得し、これらの焼却処理を開始。

2019年10月からは、当局から有害廃棄物焼却処理の増量認可(固形物30トン/日、廃液50トン/日)を取得したことにより、有害廃棄物の受入と処理が大幅に拡大。今後はEEC政策でさらに発展が見込まれる化学工業分野を中心に、有害廃棄物の廃液や汚泥などの受入を拡大していく。

チョンブリーにあるBPECの施設概要

HV/EV用廃電池のリサイクル

現在タイではHV/EV化が進展し、現地生産でHV/EV用電池の拡大が見込まれている。また、それらの変化に伴って、廃電池の適正処理システムの構築が重要な課題となりつつある。そのため、タイ政府は自動車リサイクルや廃電気・電子製品(WEEE)など、各種リサイクルの制度整備を推進。

BPECは有害廃棄物処理の増量認可取得に合わせて、新たに専用の焼却炉を導入。2019年10月からリチウムイオン電池などHV/EV用廃電池の熱処理とリサイクルを開始した。今後も廃電池などの有害廃棄物の処理能力拡大を通じて、タイでの適正処理と資源循環システムの構築に貢献していく。

リチウムイオン電池などHV/EV用廃電池の熱処理とリサイクルのプロセス

時代を先取りする同社ならではの展望

医療系廃棄物処理

タイ政府は長期的に目指すべき経済社会のビジョンとして「タイランド4.0(Thailand 4.0)」を示しており、その中で「医療」を重要なターゲット産業と位置付け。今後はさらに医療ツーリズムの促進や高度医療化が進み、医療系廃棄物の増加が見込まれている。

また、昨今はコロナの影響による医療系廃棄物急増にタイ国内の既存処理会社が対応しきれず、社会問題化していたのも確か。そこでこのような処理需要に対応するためBPECは医療系廃棄物処理許可を新たに取得し、2022年3月より受入て処理を開始している。

金属リサイクルの推進

従来WMSは廃電気・電子製品(WEEE)の解体・リサイクル処理を行ってきたが、このノウハウを活かしてノンタブリー県、ブリーラム県と共同で、自治体が回収したWEEEの解体試験を実施した。

2021年からはタイ携帯キャリアとして大手AISの携帯電話、及び周辺機器のリサイクル処理を開始。さらに、タイで今後高まるリサイクル需要に応えるため、自動車バッテリー、WEEEなど多種多様な有価金属のリサイクル処理を推進させていく。

 

基本情報

所在地

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る