タイ・バンコクで運転免許証を取得する方法

外国人がタイ国内で車やバイクを運転するには、もちろんタイの運転免許証が必要になります。タイの運転免許証を持っていれば、タイ国内でパスポートに代わる簡易的な身分証として使用する事も可能です。

タイの運転免許証を取得・更新するための方法と概要をまとめました。

タイの運転免許について


タイの運転免許証は何歳から取得できる?

個人使用であれば、全種類18歳以上から取得可能。ただし、排気量110cc以下の二輪車の場合、15歳から取得できます。
公共(旅客)使用であれば、二輪車は20歳以上、三・四輪車は22歳以上から取得可能です。


タイの運転免許の種類は?

1.個人使用自動車運転免許

日本でいうところの第一種普通自動車免許で、最も一般的な運転免許です。 ピックアップトラックとバンも運転することができます。有効期限は5年。


2.個人使用自動二輪車運転免許

日本でいう第一種普通自動二輪車免許です。日本のように排気量による階級がなく、大型バイクも運転することができます。
また、18歳以上で取得可能ですが、排気量110cc以下の二輪車の運転に限定すれば、15歳から取得可能です。有効期限は5年。


3.個人使用自動三輪車運転免許

日本人にとってあまり馴染みのない三輪車ですが、トゥクトゥクのような公共(旅客)使用(日本でいう第2種)でなくても、この専用の運転免許が必要となります。有効期限は5年。


4.第2種運転免許

一部の軽トラック・大型トラックなど、車+荷物の重量が3500kg以上の車を運転する場合は専用となる「第2種運転免許」の個人使用[P. 2(บ. 2)・白ナンバープレート]、もしくは公共使用[A. 2(ท. 2)・黄色ナンバープレート]が必要です。
外国人はそもそも第2種だけでなく、すべての公共使用運転免許(A. 2)を取得できませんが、タイ語の読み書きができれば、外国人も個人使用の第2種運転免許(P. 2)が取得可能です。また、テンポラリー運転免許証を1年以上所持している場合にのみ第2種運転免許証に更新できます。ただし、日本の第2種運転免許とは異なるので注意が必要です。
なお、牽引自動車や危険物質を運搬・移送するトラックを運転する場合は、さらに専用の免許が必要になります(牽引=第3種、危険物質運搬=第4種)。


タイの運転免許証の有効期間は?

テンポラリー運転免許証は有効期限が2年で、更新後は自動車、自動二輪車とも5年となります。


テンポラリー運転免許証とは?

テンポラリー運転免許証(個人使用自動車)

初めてタイの運転免許証を取得する人には、通常の免許証ではなく有効期間2年の「テンポラリー運転免許証」が発行されます。日本の運転免許証と国際運転免許証を切り替えたときも同様です。

最初に取得できるこの免許は
①自動車テンポラリー運転免許証
②自動二輪車テンポラリー運転免許証
③自動三輪車テンポラリー運転免許証
の3種類。
テンポラリー運転免許証は、違法となる呼気中アルコール濃度が0.50mgから0.20mgになっているなど、通常の免許証に比べて制限は変わりますが、事実上の使用で大差はありません。

また、テンポラリー運転免許証は、日本の仮運転免許証とは概念が異なります。あくまでも初めて発行される一時的免許証と解釈してください。
テンポラリー運転免許証の発行から1〜2年後に再試験(反応速度や色覚異常試験などの身体試験のみ)を行い、合格すれば通常の免許証が取得可能です。有効期限は発行から2年ですが、1年目以降から通常の免許証に更新できます。



日本発行の運転免許証からタイの運転免許証に切り替える方法は?

タイの免許証を申請する際、日本で発行された有効期限内の免許を持っていれば、該当する免許の実技試験が免除されます。例えば、日本の普通自動車免許証はタイの個人使用自動車運転免許証に該当するため、実技試験はありません。ただし、教習所の卒業証とは異なり、1時間の学科講習が必要です。

なお、タイで最初に取得できるのはテンポラリー運転免許証(有効期限2年)となり、次の更新の際に通常の運転免許証(有効期限5年)を取得できます。


▼手順▼

1 最寄りの陸上運輸局(免許センター)で申請


2 申請書類の提出

1. 旅券(パスポート)のノンイミグラントビザ、またはタイ国永住許可証

  • それぞれの原本及びコピー1部が必要

2. 発行から1カ月以内の健康診断書

  • 病院かクリニックへ行って、運転免許申請用に使用すると伝えれば専用フォームを用意してくれます


一番上へ戻る