2022年みんなが知りたいタイ・バンコクの飲食料品「果物編」

タイはフルーツ天国!そんな国に住んでいるのですから、フレッシュなのをいっぱい食べたい!そこでスーパーの売り場に並ぶ果物の「ブランド」を調べてみました。

1年を通じて店頭に出回る果物はバナナ、パイナップル、パパイヤ、みかんなど。今からはちょうどマンゴーが旬な時期となり、4月にはランブータンやライチ、マンゴスチンといったタイを代表するトロピカルフルーツも旬の時期です。そして5月に入ってくるとドリアンやドラゴンフルーツ、ロンガンなども旬を迎えて店頭に出回ってきます。

タイで売っている果物にはどんな種類・品種があるのか、タイのどこの地方で収穫されているのか、どこの国から輸入されているのか…ぜひ参考にしてみてください。

※時期によって産地が変わることがあり、調べたブランドが店頭にない場合もあります。あらかじめご了承ください。

マンゴー

Thong Pead-Rew

東部チャチューンサオ県にあるマンゴー生産者組合からの「トン・ペードリーウ」というブランド。同県名物のナムドクマイ種を主に、キオサワーイ種などの様々な品種があり、「Q」マークの認証も取得しています。名前の「ペードリーウ」とはチャチューンサオ県の俗称です。


Sinthana

西部カンチャナブリー県に農園を持つ「Sinthana(シンタナ)」は、輸出もしているプレミアム無農薬のマンゴーを生産。外国人に人気のあるナムドクマイ種をメインに扱っていますが、キオサワーイ種やラッド種などもあり、「Q」マークの認証もされています。


Rai Tai-Ban

「Rai Tai-Ban(ライ ターイバーン)」は東部サケーオ県クロンハード市に果物農園があり、名前は「家の裏庭の農園」という意味。その名の通り伝統的に無農薬の果物栽培を行っています。スーパーではあまり見かけませんが、マンゴー以外にもタイの熱帯果物アカタネノキ(タイ語:マプラン)や、サラク(タイ語:サラ)もあるので見かけたときは試してみては?





一番上へ戻る