タイ土産&名品ギフト図鑑【アルコール編】

タイ産ワイン

MONSOON VALLEY

2002年、西部プラチュワップキーリーカン県のホアヒンで設立された700ライ(112万平方メートル)を誇るワイナリーです。赤・白・ロゼのワインを揃え、「クラシック級」、「プレミアム級」、「シグネチャー級」と「フラッグシップ級」があります。クラシック級は輸出専用で、フラッグシップ級はホアヒンにあるワイナリーとワインセラーでしか購入できないので、行ったときにはフラッグシップ級を試してみては。
プレミアム級のMONSOON VALLEY SHIRAZ(赤)は750B、シグネチャー級のMONSOON VALLEY Signature Red (赤) が999Bほどです。

https://www.monsoonvalley.com/en

PB VALLEY

1989年に設立された2500ライ(4平方キロメートル)を誇るナコーンラーチャシーマー県カオヤイにある最大規模のワイナリーです。ブドウ栽培の最適な気候と土地で毎年15万リットル、20万瓶のワインを製造しています。「PB Khao Yai Reserve」シリーズが人気で、国内外の賞を受賞。PB Khao Yai Reserve Shiraz 2014(赤)が790B、PB Khao Yai Reserve Chenin Blanc 2014(白)も790Bほどで購入できます。

https://www.pbvalley.com/

GranMonte

1999年にカオヤイで設立された100ライ(16万平方メートル)のワイナリーです。タイでワイン作りに最適な気候と言われているカオヤイで、「タイの土で育った果物を瓶に」をモットーにしています。GranMonte Spring Chenin Blanc(白)は905B、GranMonte Sakuna Syrah Rosé(ロゼ)は550Bほどです。

http://www.granmonte.com/

SILVERLAKE

東部チョンブリー県パタヤにあるレストランも運営するワイナリーです。「S」の文字が特徴なラベルを巻いて「Silverlake S Wine」というシリーズを販売しており、SILVERLAKE S SERIES CHARDONNAY(白)696B、
SILVERLAKE S SERIES CABERNET SAUVIGNON(赤)840Bなど価額は650B〜。また、同ワイナリー産のぶどうジュースも人気です。

https://www.facebook.com/silverlakethai/

タイ産ビール

タイ産の大手ビール会社といえば、シンハーなどを販売するBoon Rawd Brewery社と、チャーンなどを販売するThai Beverage社の2社です。
近年様々なブランドからクラフトビールも販売されてきたので、ビール好きには楽しめるようになってきたでしょう。

Boon Rawd Brewery社

ブンロート・ブリュワリー社は1933年に設立され、タイ初のビール製造販売会社です。シンハービールとレオビールは世界的に有名。
同社は特に良い製品を製造販売していることから、1939年にラマ7世よりタイ王室の象徴である「神鳥ガルーダ」をラベルとして使用できる許可を取得しました。

 

シンハー(SINGHA)

シンハーは世界で知らない人がいないくらい有名なタイを代表するビールです。1934年より初めて販売されたタイのオリジナル。ラガー系でアルコールは5.0%。490mlの缶で 53Bほど。

 
 

シンハー リザーブ(SINGHA RESERVE)

特別版プレミアムブリューのシンハー リザーブは、アルコールが5.3%。
ラガービールを最高で独立な味となるように、質の良いホップを使用して長く醸造しています。ホップとフローラルノートの香りを備えたプレミアムビールです。490mlの缶で 62Bほど。


マイビール(MY BEER)

MY BEER(マイビア)はブンロート・ブリュワリー社のラガービールの一つとして販売され、アルコール分は4.5%。とても飲みやすく、麦芽の香りもします。
490mlの缶で 48Bほど。


レオ(LEO)

飲みやすいことをコンセプトに製造されているLEOPARDから省略された「レオ」。「トラはいつもライオンと一緒」と言われたため、ライオンを使用するシンハーのロゴに合わせて、レオは豹をロゴにしました。新しいターゲットを目指して1998年に初めて販売。あまりにも飲みやすく柔らかい味のため、アルコール分が少ないと思われるかもしれませんが5.0%あります。アルコールを感じて酔うことができるとアピールしているのがレオの特徴です。490mlの缶で 50Bほど。

 
 

レオ ナンバー エイト ストロングブリュー
(LEO NUMBER 8 STRONG BREW)

2020年から販売。タイも地域によって好みの味は様々なので、このビールは北部の人をターゲットにして製造されました。普通のレオと違ってもっと苦めですが、まろやかで発泡性は少なめです。490mlの缶で 51Bほど。


スノーウィー ヴァイツェン(SNOWY WEIZEN)

子会社のFood Factorsブランドで人気の「EST33」によるスノーウィー ヴァイツェンは、小麦麦芽から作られたヴァイツェンビールです。軽くて飲みやすい味でラガービールに近め。アルコールは4.0%。酵母とタンパク質が残っているため普通のラガービールとは異なり、飲む前に一度ひっくり返すのが良いようです。490mlの缶で 55Bほど。


スノーウィー ヴァイツェン ワイルド ローズ
(SNOWY WEIZEN WILD ROSE)

スノーウィー ヴァイツェンのロゼ版で、ラズベリーを原料に使った甘酸っぱい味とベリーの香りが漂うヴァイツェンビール。
ピンクの缶が特徴で、2021年6月に発売されたばかりです。アルコールは4.0%。490mlの缶で 59Bほど。


コッパー(KOPPER by EST 33)

こちらもEST33によるユニークなアンバーラガータイプのタイ産クラフトビールです。タイのGABAライスが主成分として入っており、厳選されたGABAライトを焦げ茶色になるまで焙煎されたあと、茹でて銅色になるまで醸造されています。魅力的な色で柔らかくて飲みやすい、性別問わずオススメです。490mlの缶で 55Bほど。

Thai Beverage社

タイ・ビバレッジ社は、タイの主要なビールとお酒に関連した事業をグループにして2003年に設立されました。タイだけでなく、アジア最大のアルコール飲料の大手製造販売会社の1つです。 ビール、その他アルコール、ノンアルコールの3つに分かれており、100種類以上の商品を販売しています。

 

チャーン クラシック(CHANG CLASSIC)

チャーン クラシックは国際的に認められたタイビールで、1995年に発売されました。 麦芽、タイ米、ホップなどの原材料が使用されており、独特の作り方で醸造されているラガービールです。アルコール分は約5.0%。1998年にオーストラリアの国際ビールコンテストで金メダルを獲得したことにより、ラガービールの種類では「タイの金メダルビール」と呼ばれます。490mlの缶で 50Bほど。

 
 

チャーン コールド ブリュー(CHANG COLD BREW)

100%の麦芽、酵母、ホップの花から作られているチャーン コールド ブリューは、コールドブリュープロセスを使用したタイで初めてとなる唯一のビールです。コーヒーのコールドブリューのプロセスと違って、黄金色になるまでビールを氷点下の温度でろ過し、柔らかく飲みやすくしています。手頃な価格で香り高い高品質の仕上がりです。490mlの缶で 51Bほど。

 
 

チャーン エスプレッソ(CHANG ESPRESSO)

2020年に注目されていたチャーン エスプレッソは、タイで初めてのブレンドコーヒーとミックスしたビールです。20年以上の経験を持ったビール醸造の専門家によって、特別なビール醸造プロセスで製造されています。カフェインの含有量はビール490mlあたり5mgと少なめですが、ローストコーヒー豆の独特な香りを楽しんでください。アルコールは4.8%。490mlの缶で 56Bほど。


アーチャー(ARCHA)

アーチャーは2004年から発売されたエコノミービールです。主なターゲットは若年層で、柔らかく軽い味わいが特徴。厳選された麦芽とライス、ホップ、天然水からの純水と酵母で発酵させてます。2007年にオーストラリアの国際ビールコンテストで金メダルを獲得しています。アルコールは4.5%。320mlの缶で 28Bほど。


タッパー(TAPPER)

お酒に強い人をターゲットにしたラガービールであるタッパーは、水、大麦、ライス、ホップから作られ、アルコールは約6.5%と高めで苦味は強めです。490mlの缶で 51Bほど。


ハンツマン(HUNTSMAN)

ベルギー風ビールのハンツマンは2種類あります。白ビールのクラウディー・ウィートビールは、風味を高めるためにアロマホップを使用。ドライホッピングプロセスによって香りは軽めで、小麦胚芽で醸造されています。口当たりは唇に柔らかい泡が感じられるでしょう。ラガービールのベルギーブロンドは、麦芽と組み合わせた軽いフルーティーな香りがするクラフトビールです。どちらもアルコールは4.0%で、490mlの缶が48Bほど。


ブラックドラゴン レッドビール
(BLACK DRAGON RED BEER)

ブラックドラゴンは、高温で濃い色になるまで焙煎するクリスタルモルの醸造工程を使用して、芳香族のレッドエールにしたビールです。缶を開けるとホップの香りに続き、ローストして焦げた麦芽によるキャラメルの香りがします。またライチの香りも混ざり合った飲みやすいビールです。490mlの缶で 53Bほど。

Thai Asia Pacific Brewery社

1993年に設立されたTAP(Thai Asia Pacific Brewery)社は、オランダ産のハイネケンやシンガポール産のタイガーなどのタイ国外ビールを販売することで有名ですが、合併した会社からノウハウを取り入れて自社製造のビールも販売しています。コンビニやスーパーでよく見かけるCHEERS(チアーズ)は、シンハーやチャーンよりシェアは低いものの、愛好家に高い人気を誇っています。

 

チアーズ オリジナル
(CHEERS ORIGINAL – 旧名:CHEERS REGULAR)

高級素材から製造した独特な香りと味を持つCHEERSのレギュラー版。味は甘くて苦味がないため、飲みやすい部類。世界基準のビールを好む人たちから長年愛されています。アルコールは4.0%。490mlの缶で 45Bほど。
 
 

チアーズ エキストラ(CHEERS X-TRA)

アルコールが6.0%と少し高めの濃い味が特徴です。490mlの缶で 47Bほど。

 
 

チアーズ セレクション ライズベリー
(CHEERS SELECTION RICEBERRY)

2016年から発売。近年タイで人気になったライスベリー米を素材に取り入れています。濃いヨーロッパ風でバランスが良く、スムーズな味。アルコールは5.0%。490mlの缶で 49Bほど。

 
 

チアーズ セレクション サイアム ヴァイツェン
(CHEERS SELECTION SIAM WEIZEN)

外国から輸入した高級小麦、麦芽、ホップを素材にし、タイのライムを加えることで独特な味に仕上げたドイツ風白ビールです。490mlの缶で 55Bほど。

SIAMESE PROJECTS社

カオ サン(KHAO SAN)

バックパッカーの聖地「カオサン通り」から命名されたラガービールです。製造工場はベトナムですが、タイに本社を持つSIAMESE PROJECTSから販売されています。軽い香りでドライなキレの良さが特徴で、アルコールは5.3%です。330mlの缶で99Bほど。

その他のメーカー

 

プーケット(PHUKET)

「熱帯国のビーチでのんびり飲むビール」をイメージに、タイのジャスミンライスとドイツのホップを取り入れて、苦味を少なくさっぱりした味が特徴です。世界的に人気ではありますが、タイ産でありながらほとんどが輸出用のため、バンコク中心部や観光地でないと見つけるのは難しいかもしれません。320mlの瓶で 66Bほど。


マハナコーン(MAHA NAKHON)

2014年に設立されたクラフトビールのブランドです。比較的に新しいメーカーであるもののフラッグシップラベルであるマハナコーン ホワイト エールは、「World Beer Awards 2017」で賞を取ったことでビール愛好家の中で一躍有名になりました。現在はクラフトビールでありながら一部のコンビニでも購入することができます。330mlの缶で 89Bほど。


フル ムーン ブリュー ワークス(Full Moon Brew Works)

Full Moon Brew Works社は「友達と旅行するときに楽しむビール」をテーマに、白ビールの「BUSSABA」、IPAの「CHATRI」、ダークエールの「ANDAMAN」、そしてペールエール「CHALAWAN」などがあります。味はもちろん、ラベルのデザインも独特でとても高い評価で人気です。アルコールはCHATRIが5.2%で、BUSSABA、ANDAMAN、CHALAWANのアルコールは4.7%で若干低めです。330mlの瓶でそれぞれ119Bほど。

タイ産ウイスキー

ブレンド285 (BLEND 285)

チャーン ビールでお馴染みのタイ・ビバレッジ社から販売されているウイスキーですが、Red Bull Distilleryの工場で製造されています。スコットランドから輸入した良質の麦芽を使用して、モルトとグレーンの2種をブレンド。オークの樽で熟成されたウイスキーは、絶妙なスモーキーフレーバーが特徴。アルコールは35%。価格は280B(700ml)ほどで手頃です。

タイ産ブランデー

リージェンシー(REGENCY)

タイのリージェンシー社によって製造された同名のブランデーは、マラガブラン種のぶどうを原料にして製造された「Finest Grape Brandy」と、ブドウとパイナップルを原料にした「Finest Thai Brandy」の2種類があります。どちらも樽内熟成20~25年というV.S.O.P.(Very Superior Old Pale)の高級ブランデーです。最近は多くが輸出用のため、コンビニやスーパーで見かけないところも増え、タイでの購入はやや難しくなっています。アルコールは38%。価格は700mlで640B~。

メリディアン(MERIDIAN)

パイナップル(スムース・カイエン)を原料に製造されたブランデーです。リムーザンのオーク樽で4年以上熟成されパイナップルをメインに使用しているため、スムーズでフルーティーな味と香りが特徴。アルコールは38%で450B(700ml)ほど。

タイ産ラム酒

センソム(SANGSOM)

サトウキビの糖蜜を原料にセンソム社の工場で製造されたラム酒です。厳選されたスパイスとハーブを取り入れ、「タイのラム酒」として世界に名を馳せました。1982年にスペインのマドリードで行われた国際大会で1位を獲得し、翌年1983年にはドイツのデュッセルドルフでの大会でも1位を受賞。タイ人の間では「センソム・リアントン(金メダルのセンソム)」として知られています。アルコールは40%で280B(700ml)ほど。

タイ産米焼酎

ホントン(HONG THONG)

糖糖蜜と米を原料に製造された、スムーズな味わいで比較的飲みやすい米焼酎です。お琥珀色に輝くことにちなんで「ホントン(黄金色の不死鳥)」という名前が与えられました。アルコールは35%で260B(700ml)ほど。

メコン(MEKHONG)

タイ最古のスピリッツ(蒸留酒)の国際ブランドである「メコン」は、1941年にタイ最古の酒種製造工場「Bangyikhan Distillery」で製造を開始しました。糖蜜とタイのもち米を原料に製造され、スパイスとハーブを取り入れています。味と香りは米焼酎というよりラム酒に近いかも。「タイのスピリッツと言えばこれ!」という風潮が今でも続いています。アルコールは35%でで430B(700ml)ほど。

日本にお土産を送るならこちら!

この記事をSNSでシェア!



一番上へ戻る