【ダウンロード必須!】
大気汚染から身を守れ!PM2.5による大気汚染度がわかる便利なアプリ

「PM2.5」という言葉を聞いたことはありますか?近年タイではこのPM2.5による深刻な大気汚染が発生しています。普通に生活しているだけでは「PM2.5って何?」「どのくらいひどいの?」「危険なの?」ということはわからない人も多いはず。

そんな時に活躍するのがPM2.5の測定値が分かるスマートフォンアプリです。このアプリを使えば大気汚染の状況を日々リアルタイムで確認することができます。万一の場合に備えて、アプリをダウンロードしておくと安心です。

また、PM2.5の数値がひどい日は、高性能な防じんマスクを着用する、外での活動を控えるなどの対策をして、自分の健康を守って安心・安全なタイ生活を送りましょう。

PM2.5とは

PM2.5は大気中に浮遊している直径2.5マイクロメートル(1マイクロメートルは1mmの1000分の1)以下の小さな粒子「微小粒子状物質」のこと。人の髪の毛の直径が約70マイクロメートルなので、その小ささが分かります。

成分は炭素成分、硝酸塩、硫酸塩、ナトリウム、アルミニウムなどさまざまです。また、PM2.5は粒子が非常に細かいため、吸い込んでしまうと細い気管支や肺の奥まで入りやすく、喘息や気管支炎などの呼吸器系の病気のリスクを高めると言われています。


発生原因

PM2.5の発生源は大きく分けて2つ。物の焼却や、ガソリン車とディーゼル車などの排気ガスから粒子として排出される場合のほか、大気中で化学反応を起こして粒子化する場合があります。

  • 排気ガス
  • 燃焼(物を燃やす、火災など)
  • 気体の化学反応(二酸化硫黄、窒素酸化物、揮発性有機化合物)

PM2.5による症状の一例

※個人によって症状は異なります。

短期的な影響

  • 目:アレルギー性結膜炎(かゆみ、目の充血、まぶたの腫れ、異物感、目やに)
  • 鼻:アレルギー性鼻炎(鼻水、くしゃみ)
  • 呼吸器:咳、喘息、息切れ
  • のど:かゆみ、腫れ、声がかれる
  • 肌、皮膚:肌荒れ、じんましん

長期的な影響

  • 呼吸器疾患(気管支炎、喘息、気腫)
  • 肺組織障害
  • 脳卒中
  • 心臓発作

分布のひどい時期・AQI(大気汚染度指数)

2022年6月に定められたタイのPM2.5環境基準値は「1年の平均値が15μg/m3以下(1立法メートルあたり15マイクログラム以下)であり、1日の平均値が37.5µg/m3以下(1立法メートルあたり37.5マイクログラム以下)であること」とされています。

バンコクとその周辺県では、主に10〜4月にPM2.5が発生。特に乾季にあたる1〜2月は大気環境基準を大幅に超過する傾向があり、ひどい時期は上空が真っ白になります。

PM2.5が空を覆い、かすんでいるタイの上空


AQI(大気汚染度指数)

大気汚染の程度を0〜500の指数で示す指標。指標が高いほど大気の汚染はひどく、健康に影響を与える可能性も高くなります。

0〜50

良い(Good)

51〜100

普通(Moderate)

101〜150

敏感な人の健康によくない(Unhelthy for Sensitive Groups)

151〜200

健康によくない(Unhelthy)

201〜300

極めて健康によくない(Very Unhelthy)

301〜500

危険(Hazardous)


対策・予防

  • N95マスクの着用(微粒子捕集効果の高いフィルターを使っているため、PM2.5の吸入を減らす効果がある)
  • 外出は控える(難しい場合はなるべく野外にいる時間を減らす、運動は避けるなどの対策をする)
  • うがい、手洗い、着用していた服はすぐに着替えて洗濯する、顔や露出していた肌は洗い流す
  • 窓は閉めて、家の中に外気が入らないようにする
  • 空気清浄機を使う


PM2.5のAQI(大気汚染指数)が分かるアプリ

スマホさえあれば、その日の大気汚染状況をリアルタイムでチェックできるアプリが続々登場。今回は在タイ日本人やタイ人の利用率の高い「Air Visual」と「Air4thai」のほか、日本語に対応しているアプリを紹介します。会員登録せずにアプリをダウンロードするだけで使えるので、ぜひ使ってみましょう。


Air Visual(日本語対応のアプリ)

世界10,000以上の都市別に大気汚染状況がわかるモニタリングアプリ。大気質と気象データをリアルタイムに予報するだけでなく、72時間先の大気汚染指数や大気汚染と天気予報に基づき7日間予報をしてくれる。測定可能な汚染物質は「PM2.5」「オゾン」「一酸化炭素」など計6種類。
※会員登録は不要、下記アイコンからアプリをダウンロードすれば使用可能。

iOSアプリAndroidアプリ

アプリの特徴

  • 世界80カ国10,000都市以上の数値を表示
  • 自分の住んでいる国、地域に設定できる
  • 設定した地域の数値はリアルタイムで更新、3時間ごとの数値も表示


過去の大気汚染推移をグラフ(1時間・1日)で見ることができる



地図を押すと世界各国の大気汚染をリアルタイムで確認できる



統計から1日の大気汚染(環境と露出)の数値がわかる



世界各国の大気汚染の順位をリアルタイムで更新


アプリの詳細

アプリ
Air Visual(日本語対応のアプリ)

会員登録は不要、下記アイコンからアプリをダウンロード。

iOSアプリAndroidアプリ
WEBサイト https://www.iqair.com/th-en/
対応言語

日本語、英語、タイ語ほか14ヶ国語に対応




Air4thai

タイ国内の各地で観測したAQI(大気汚染指数)をリアルタイムで確認できるアプリ。測定可能な汚染物質は「PM2.5」のほか、「PM10」「オゾン」「二酸化窒素」など6種類。
※会員登録は不要、下記アイコンからアプリをダウンロードすれば使用可能。

iOSアプリAndroidアプリ

アプリの特徴

  • タイ国内のみの表示
  • 大気汚染レポートが「6種類の大気汚染報告」もしくは「PM2.5のみ」の選択が可能。選択後に変更したい場合は、Home>メニュー(左上の三本線)>Change Reporting Modeから変更できます。


MAPからタイ国内の汚染状況を確認できる。



LISTから確認したいエリア(バンコク・タイ北部、タイ東部、タイ東北部、タイ中部、タイ南部)を選択できる。



AQI(大気汚染指数)はリアルタイムで更新。
毎日、色で表示される(青=Very Good、緑=Good、黄色=Moderate、オレンジ=Unhelthy、赤=Very Unhelthy)



時間平均値と24時間の平均値を表示


アプリの詳細

アプリ
Air4thai

会員登録は不要、下記アイコンからアプリをダウンロード。

iOSアプリAndroidアプリ
WEBサイト http://air4thai.pcd.go.th/webV3/#/Home
対応言語

タイ語、英語




Air Matters(日本語対応のアプリ)

アプリ
Air Matters(日本語対応のアプリ)

世界180カ国以上の大気汚染情報をリアルタイムで発信。5日間分の予報や大気汚染指数によって、その日の過ごし方や健康に関するアドバイスが表示される。測定可能な汚染物質は「PM2.5」のほか「オゾン」「二酸化窒素」など5種類。

※会員登録は不要、下記アイコンからアプリをダウンロードすれば使用可能。

iOSアプリAndroidアプリ
対応言語

日本語、英語、タイ語ほか33ヶ国語に対応




Air Qulity BreezeoMeter(日本語対応のアプリ)

アプリ
Air Qulity BreezeoMeter(日本語対応のアプリ)

世界94カ国に対応している大気汚染情報アプリ。大気汚染情報のほか、天気予報、花粉情報(花粉の分布がある地域のみ)も表示される。ウェブサイトからの閲覧も可能。

※会員登録は不要、下記アイコンからアプリをダウンロードすれば使用可能。

iOSアプリAndroidアプリ
WEBサイト https://www.breezometer.com/air-quality-map/ja/air-quality/thailand/bangkok
対応言語

日本語、英語ほか11ヶ国語に対応


この記事をSNSでシェア!



一番上へ戻る