SAMITIVEJ SUKHUMVIT HOSPITAL

365日いつでも頼れる地域医療&
万全の日本語サポートで
在タイ日本人に選ばれる
“バンコクNo.1の私立病院”へ

病院紹介

タイ最大の医療ネットワークを展開する「バンコク・ドゥシット・メディカル・サービセス(BDMS)」に属し、バンコク都内の他、チョンブリー県・シラチャに7病院を展開する「サミティヴェート病院グループ」。“サミティヴェート=医師たちの集まるところ”を冠したその名の通り、専門性の高い医療技術と世界水準のホスピタリティを誇る医師・看護スタッフが在籍し、高度な三次医療サービスを提供しています。
 
また、1979年の開院当初より近隣諸国からの外国人患者の受け入れにも注力。タイ政府が掲げる「メディカル・ツーリズム(医療観光)」の分野を牽引し、タイ国内はもとより、東南アジア圏を代表する国際医療機関として発展を続けています。

 

日本国外で最多の日本人受診数「サミティヴェート病院 スクムビット」

7つの系列病院のなかでも、その中枢を担うのがバンコクの日本人居住地区・スクンビットに位置する「サミティヴェート病院 スクムビット(以下サミティヴェート病院)」です。
 
スクンビット・ソイ49通りに面し、エリア一帯のランドマークとして存在感を放つ同院では300床を有し、400名以上の医師が在籍。診察時の医療通訳など日本語によるきめ細やかなサポートを行う「日本人相談窓口」を設け、年間延べ13万人の日本人が来院する“日本国外で最も多くの日本人患者が利用する病院”として広く認知されています。

バンコクには、多言語・多文化対応を謳う医療機関がいくつかあり、在タイ日本人向けのサービスを提供する私立病院も増えています。ただし、こうした病院の多くがタイ人以外の患者を“外国人患者”として一括りに位置づけており、わたしたち日本人が病院に求める安心感・医療接遇からは物足りなさを感じてしまうことも否めません。
 
一方、日本人患者が全体の2割を占め、外国人患者のなかでも最多というサミティヴェート病院では日本人専用の窓口をはじめ、「日本医療機能評価機構」による評価調査の受け入れ、先進医療を提供する日本の有名病院との業務提携といった日本人患者により特化した医療サービスを展開。2019年には地上7階建ての新館「サミティヴェート日本人医療センター」も開業し、他に類を見ないほどの“日本人ファーストな病院”を体現しています。

 

年中無休の心強い味方「日本人相談窓口」

本館1階にあり、日本人を含む総勢約40名の日本語通訳が在籍(窓口対応は毎日7:00〜20:00)。1日400人にもおよぶ日本人来院者に対し診察の予約・相談や医療通訳、入退院時の手続きから保険案内まで多岐に渡るサービスを提供しています。交代制で24時間常駐しているので、夜間などの救急時にも頼れる存在です。初診の際にはパスポートと海外旅行保険証を持参しましょう。
 
02-022-2222
 

 
 

タイの病院にかかる時に知っておきたいこと

①日本の病院とタイの病院の違い
②病状を説明する際に大切なこと
③サミティヴェート病院の上手な使い方
④日本とタイの医療費の違い

【タイ 病院】日本との違い・診察の際のポイント・医療費について聞いてみた。
動画の再生時間:6分45秒

 

日本の最先端病院との連携で、日本式医療を取り込み

2014年より胃・大腸の内視鏡分野をリードする「佐野病院(神戸市)」と、2016年からは小児救命救急センターや総合周産期母子医療センターを有する「高槻病院(高槻市)」とも業務提携。日本人医師、看護師の駐在派遣による医療者や手技交流など、積極的に“日本式医療”を取り入れに取り組んでいます。
 

【タイ・バンコク】【日本式医療その質の向上を目指して】サミティヴェート病院スクムビット     #バンコク生活 #バンコク暮らし #タイの医療
動画の再生時間:2分51秒

 

日本人が気をつけるべき疾患・病気を
フォローする診療科を完備

 

【健康診断センター】

健康であってこそ、海外生活を有意義なものにできます。定期的な健康診断は生活習慣病の予防や早期発見に欠かせません。サミティヴェート病院スクムビットでは、日本人専用の健康診断センターを設置。年間約6000人の日本人の方へ健康診断(人間ドック)を提供しています。
「予約から受診まで」の流れはこちらをご覧ください

約200社の日系企業へカスタマイズコースを提供しています。
法人契約はこちらをご覧ください

 

【内科】
検査・診察から日本人に合う薬の処方まで幅広く対応する内科

一般内科では63の診察室を備え、常時40人以上の医師が勤務するなど他院と比べても規模が大きく総合的な診療が可能。予約なしで受診でき、タイに来て間もない外国人居住者によくみられる食あたりや感染症にも的確に処置してくれます。

 

【肝臓・胃腸器科】
AI搭載の大腸内視鏡システムなど最先端設備を導入

日本人が気になる胃や大腸の病気をはじめ、消化器科領域の疾患全般を網羅。とくに、人工知能(AI)を搭載した最新の大腸内視鏡システムを導入するなど消化器内視鏡検査分野に力を入れ、病気の早期発見・治療を行なっています。

 

【整形外科】
小児からスポーツ障害、慢性痛のリハビリまでワンストップ治療

実は近年、日本人の受診率が増加しているのが整形外科分野なのだとか。遊び盛りの子どもたちに多い脱臼・骨折やスポーツ損傷による後遺症、子育て中のパパ・ママたちの手首や腰の慢性痛など、あらゆる世代の治療・悩みに対応し、リハビリやトレーニングもサポートしてくれる心強い存在です。

 

WHO・ユニセフによる
「赤ちゃんにやさしい病院」にタイ初認定

 
年間およそ200人もの日本人の赤ちゃんを取り上げ、バンコクでマタニティライフを送る日本人女性から厚い信頼を寄せられるサミティヴェート病院。世界保健機構(WHO)とユニセフが提唱する“母乳育児を成功させるための10カ条”を展開し、「赤ちゃんにやさしい病院(BHF=Baby Friendly Hospital)」の認定も受けています。
 
また、日本人のニーズを熟知した産婦人科と小児科の専門医による連携のもと、近年増加傾向にある不妊治療からハイリスク妊娠・出産(多胎児・高齢妊娠など)、産前産後のママ&赤ちゃんのケアまで一貫した医療サービスを提供できるのもサミティヴェート病院ならではの強み。ご家族の一大イベント、出産やタイでの育児をハッピーにできるよう万全のサポート体制を整えています。

 

【不妊治療・産婦人科】
これから授かりたい人も、産前産後のケアも安心の日本人目線

妊娠・出産は女性にとって生涯で最も大きな“ライフイベント”のひとつ。サミティヴェート病院では「不妊治療センター」「産婦人科」「早産予防クリニック」「新生児科」など各ステージに応じた診療科を設け、専門医が一丸となったチームサポートを提供しています。

 

専門医による安心の妊娠管理と分娩

妊娠期間中は担当医による検診に加え、妊娠中期、妊娠後期には胎児画像専門医による超音波検査(エコー検査)を実施。産科医や麻酔科医が24時間常勤しており、万が一のときも安心。日本では少し敷居の高い、無痛分娩も人気です。

 

日本人ママに嬉しい出産パッケージ&母子サービス

日本語と英語が併記されたオリジナル母子手帳が入手できたり、産後は病室に豪華な「お祝い膳」を届けてくれるなど、日本人目線の高いホスピタリティもサミティヴェート病院が選ばれる理由のひとつ。さらに、出産という大仕事を終えたママのための美容皮膚科によるフェイシャルトリートメントやリハビリ科によるマッサージなども、総合病院ならではの至れり尽くせりな“ご褒美”パッケージも好評を博しています。
 

Parrots

サミティヴェート病院スクムビット出産コース(2021年12月31日までに出産予定の方対象)

 
また、”コロナ禍で出産するママを応援!”と題し、同院で出産した0~4カ月の赤ちゃんを持つママのいろいろな悩みを助産師に日本語で相談できるサービスを実施中。こちらも大人気です。

Parrots

 
 

オンラインで「出産入院説明会」開催中!

定期的に日本語による「出産入院説明会」を実施。院内の分娩設備やタイでの出産・新生児育児に関する手続きなど、知っておきたいお役立ち情報を紹介しています。妊娠週数に関わらず無料で参加でき、日本語で質疑応答が可能。サミティヴェート病院での出産を予定している方はもちろん、タイでの出産を検討している方も必見です。
 
バンコクのサミティヴェート病院での母乳育児と新生児室、新生児科専門医の案内です。

【初めての育児Vol.10】☆出産入院・新生児室のご案内☆     #サミティヴェート#出産#バンコク生活#バンコク出産#バンコク暮らし#バンコク子育て
動画の再生時間:1分26秒

 
タイでの出産が近づいてきた方へ。どんなきざしがある時に病院へ向かうべきなのか?日本人の助産師さんに聞いてみましょう!
【初めての育児inタイランドVol.1】【病院に行くタイミング】~助産師が教える出産のきざし~
動画の再生時間:5分25秒

 
サミティヴェート病院の小児科内にある授乳外来の紹介です。大阪府の高槻病院で実践研修を受けている母乳育児支援専門の看護師チームが勤めています。授乳中はもちろんのこと、妊娠中からもかかることができますので、産婦人科の主治医に相談してください。
【初めての育児Vol.9】☆授乳外来のご紹介☆    #サミティヴェート#出産#バンコク生活#バンコク出産#バンコク暮らし#バンコク子育て
動画の再生時間:53秒

 

【小児科】
日本人小児科医を含む40人以上の専門医が
子どもの健やかな成長を応援

サミティヴェート病院の小児科には24時間体制の救急・外傷センターを筆頭に、新生児科、外科、アレルギー科、感染症科、呼吸器科、発達科といった約20の専門分野があり、それぞれの科ごとに日本人とのコミュニケーションに慣れた医師陣が診療はもちろん、定期検診や予防接種、発育相談なども一手に引き受けてくれます。

 
タイで育児をしている方へ。サミティヴェート病院スクムビットでの小児科のかかり方を動画で。小児科にかかる前にチェックしておくと安心です。

【タイでの育児Vol.4】【小児科のかかり方】サミティヴェート病院スクムビット
動画の再生時間:1分7秒

 
サミティヴェートの小児科を担当する先生を南先生が取材しました!同院小児科の特徴を紹介します。
【タイ・バンコク】【小児科の先生方が語る当院小児科の特徴】
動画の再生時間:2分31秒

 
2021年8月3日にタイ国日本人会と共催した、サミティヴェート病院・南先生に聴く「コロナ下での子育て」の録画はこちらから。
📣お子さんとの接し方のヒントに
📣オンライン授業の心構えに
📣コロナ感染予防の再確認に
ぜひご覧ください。
サミティベート病院・南先生に聴く「コロナ下での子育て」 その1(コロナで変化した生活について)
動画の再生時間:47分28秒

 
タイではじめての育児をしている方へ。 生まれたばかりの赤ちゃんのため、新生児科の看護師が沐浴のさせ方を教えてくれます。
【初めての育児inタイランドVol.7】新生児の沐浴法
動画の再生時間:6分56秒

 
タイの小児科でよく処方される、シロップ薬を赤ちゃんに飲ませる方法をサミティヴェート病院の看護師が紹介します。
【初めての育児inタイランドVol.8】【小児への薬の飲ませ方】#サミティヴェート#小児科#バンコク生活#バンコク暮らし#バンコク子育て
動画の再生時間:2分8秒

 

 

バンコク生活で気になることをSNSで配信中

「新型コロナウイルスのワクチン接種状況が知りたい」「コロナ病床の稼働状況を知りたい」「出産」「子どもの健康」など、在タイ日本人が知りたい健康に関する最新情報をLINE、Instagram、Facebookで配信。医学的見地に基づく正しい知識を日本語でチェックすることができます。今だからこそ、ぜひ積極的に活用したいものです。

 

病院へのアクセスと外来診察時の院内導線

在タイ日本人にご用達のスーパーマーケット「フジスーパー」「誠屋」などが集うスクンビット・ソイ49にあり、最寄りのBTSスクンビット線プロンポン駅およびトンロー駅から徒歩15分ほど。
 
また、毎日8:00〜17:00の1時間ごとにプロンポン駅直結の商業施設「エンポリアム(ティファニー前出発)」と病院を結ぶ無料のシャトルバスを運行し、予約不要で乗車することができます(病院発は8:30〜16:30)。
 
現在、新型コロナ感染対策の一環としてシャトルバスは本館G階の「SAMITIVEJ PLAZA」入口前に到着。「日本人相談窓口」は本館1階にあるので、館内のエスカレーターで1つ上の階へ。「日本人医療センター(新館)」へ来院時にも、まずは「日本人相談窓口」へ立ち寄り受付を済ませましょう。
 
日本人相談窓口への行き方【徒歩・シーロー利用の方】

【タイ・バンコク】日本人相談窓口への行き方【徒歩・バン・タクシー・シーローご利用の方】サミティヴェート病院スクムビット
動画の再生時間:40秒

 
日本人相談窓口への行き方【車利用の方】
自家用車での来院の場合は、本館1階の入口「CLASSIC WING(大戸屋の隣り)」から入館可能
【タイ・バンコク】日本人相談窓口への行き方【車ご利用の方】サミティヴェート病院スクムビット
動画の再生時間:32秒

 
救急外来の場所・行き方
急な夜の受診や、万が一の時のためにも一度動画を確認しておくと安心です。
救急外来の場所・行き方【サミティヴェート病院スクムビット】#サミティヴェート #バンコク生活#バンコク出産#バンコク暮らし
動画の再生時間:24秒

 
 

詳細情報

名前 SAMITIVEJ SUKHUMVIT HOSPITAL
ジャンル
Eメール
japan@samitivej.com(日本語)
電話番号
02-022-2222(24時間・日本語対応可)
営業時間 日本人相談窓口 7:00〜20:00
駐車場 あり
WEBサイト
Facebook
Instagram
LINE
所在地

133 Sukhumvit Soi 49, Khlongton Nua, Watthana, Bangkok 10110


この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る