タイ・バンコクの日本人学校

日本国内の小中学校と同等の教育を受けられる日本人学校。タイ国内には2校あり、バンコク校は、全校生徒数約3000人にも及びます。

日本人学校概要

現在、タイには泰日協会学校(バンコク日本人学校)、泰日協会学校シラチャ校(シラチャ日本人学校)と2校の日本人学校があります。
いずれもタイの「私立学校法」に基づいて設立され、小学部と中学部が併設されています。
法律上はタイの私立学校ですが、タイ教育省から特認を得て、日本の文部科学省が定めた学習指導要領に基づき、日本人教諭が日本語で授業を行います(外国語の授業を除く)在タイ日本国大使館代表・在タイ日系企業代表等で構成される学校理事会のもと、一体経営・運営されており、カリキュラムも入学金・授業料も同じです。
日本と同じ3学期制を採り、授業の進度も日本国内と同様。
日本からタイへの赴任、タイから日本へ帰任した場合でも、授業の進度に大きなギャップはありません。
現地校との交流や、英語教育にも積極的に取り組んでいます。


日本人学校の特徴

①英会話教育

全学年で欧米人教員による英会話授業を実施するなど、英会話教育に力を入れています。


②国際理解教育

全学年でタイ人教員によるタイ語授業を実施。
現地校との交流学習等を通じて、現地理解・国際理解教育にも注力。


③キャリア教育

タイ進出日系企業の協力を得て、職場体験学習や進路啓発講演会等、実践的・多角的なキャリア教育を実施しています。


みんなのギモン

入学手続きについて

規模は小さくても病院同等の設備を有するクリニックが増えています。
私立病院に出張診療する開業医も多く、専門性が高いのでかかりつけ医としても活用できます。
バンコクには日本人医療コーディネーターや通訳が常駐するクリニックもあり、病院に比べ待ち時間が少ないというメリットも。
自宅近くにあれば重宝するでしょう。


1. 学校WEBサイト

学校のWEBサイトで詳細を確認。

2. 説明会予約

WEBサイトより、編入学説明会の日付を予約。

※2020年は見学会・説明会の開催予定なし

3. 入学・編入学

入学・編入学は各学期の開始時にしかできないので要注意。

4. 通学する学校の確認

保護者の勤務地によってバンコク日本人学校・シラチャ日本人学校の通学指定があるため、要確認。


日本人学校連絡先

バンコク日本人学校

小学部職員室

02-314-7334

中学部職員室

02-314-7335

事務室

02-314-7797

WEBサイト https://www.tjas.ac.th/bkkgaiyo

シラチャ日本人学校

小学部職員室

038-339-971

中学部職員室

038-339-972

事務室

038-339-973

WEBサイト https://www.tjas.ac.th/srigaiyo

この記事をSNSでシェア!

SNSで毎日ニュースを配信中!

週刊ワイズLINEアカウント
週刊ワイズFacebookアカウント
週刊ワイズTwitterアカウント
PR
  • 顧客が求める一歩先へ 時代に呼応する「Only One Japanese IT Partner」
    顧客が求める一歩先へ 時代に呼応する「Only One Japanese IT Partner」

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PAGE TOP
Top