アウターリングで地盤沈下
給水トンネル破損が原因

1月5日午後6時半頃、バンコク都バンボーン区を走るアウターリング(カンチャナピセーク通り)で地盤沈下が発生した。全線が通行不能となり、ノンタブリー県まで約10kmの渋滞が起きている。

道路は盆状に沈下して、ラマ2世通り行きの全3車線と逆方向の2車線には深さ最大60〜70cmの凹みが生じた。調査によると地下給水トンネルの破損が原因で地盤が沈下し、首都圏水道公社(MWA)が補修を進めている模様。

事故直後には緊急修理工事が行われ、1月6日午後7時頃に一部区間が開通。完全に修復するまでに1週間ほど要する見込み。(1月5日=マティション)

 

 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る