AKB48 単独“ファンミ”開催独占インタビュー

7月28日、AKB48のメンバー6人が バンコク都内でファンミーティング※を行った。 近年バンコクを訪れる機会が急増し、 現地ファンの心を今まで以上に惹きつける 彼女たち。そのイベント現場を直撃した。

 


7月28日、AKB48のメンバー6人がバンコク都内でファンミーティングを行った。近年バンコクを訪れる機会が急増し、現地ファンの心を今まで以上に惹きつける彼女たち。そのイベント現場を直撃した。

単独でのファンミーティングは初めてですね

向:私は今回でタイに来るのが4回目で、毎回ファンの方たちとライブなどを通して交流していたので、単独のファンミーティングが初めてだったことにビックリしました。
初めてだとは思わないくらい、タイのファンの方との絆があるんだなと感じますし、今回でその絆をさらに深められることができて嬉しいです。

谷:実は私自身、ファンミーティングをやらせて頂くことが初めてなんです。グループとしてはいろいろな場所でやってきているんですけど、私にとっての初回をタイで経験できるということで、とにかく楽しみでした!
タイから応援してくれる方もいるので。

何度もタイを訪れることで、第2のホームという気持ちも?

向:ありますね!

谷:さすが微笑みの国と言いますか。タイのファンの皆さんが本当に優しくて、たくさんの笑顔を頂いています。

坂:私はタイに来るのもファンミーティングも初めてで緊張していたんですが、イベントが始まったらタイの方が本当に優しくて安心しましたし、私のファンの方もいてくれて嬉しかったです。イベントに向けてタイ語を少し覚えてきたんですが、まだまだうまく話せないのでもっと練習していきたいです!

今回のステージで印象的な出来事は?

麟:私がタイでのイベントに初めて参加した当時、日本人のファンの方って数名しかいなかったんですが回数を重ねるごとに増えて、今日もステージから見てわかるほどに日本人のファンの方が来てくれて。日本の方にとってタイ・バンコクが来やすい、親しみを感じられる場所になっているんだと感じましたし、私たちがそのきっかけになれているということが嬉しいです。これからもタイでのイベントを重ねて、日本の方がタイに行きたいと思ってもらえる存在になりたいです。

小:私もこれまでに何度かタイに来ていて、前回・前々回とステージで「365日の紙飛行機」を披露した時に大合唱してくれるなどタイのファンの方は優しいという印象だったんですが、今回も“あるアクシデント”があった時にフォローしてくれたのが印象的でした。

「今回でタイは4回目。訪れるたびに“ホーム感”が増しています」(向井地)

そのアクシデントというのは?

向:マイクの電源が入らなくて、まったく歌声がない状態で曲が始まっちゃったんです。

奈:なので途中で音を切って最初からやり直すことになったんですけど、そんな時もずっと笑顔でいてくれて。

向:やり直しになるまで、メロディに合わせてずっと歌ってくれてたんだよね。本当に優しさを感じました。

バンコクではCGM(チェンマイ)48結成、元AKB48でありBNK48の伊豆田莉奈さんの移籍・支配人の発表が注目を集めています

向:私はCGM48が結成されることをイズ(伊豆田莉奈)さんが移籍するというニュースで知ったんです。
「イズさん移籍するんだ!」と思ったら、タイの中で新しくできる姉妹グループへの移籍だったので驚いたんですけど、実は今日の楽屋でもイズさんとずっとLINEをしていて、「会いたい」と言ってくれたり、BNK48で仲良しのカイムックちゃんの写真を送って来てくれたり。優しい先輩なので、きっとCGM48のメンバーも安心して活動できると思います。

奈:私はイズさんと連絡をとれていないんですけが、よく私のTwitterに「いいね」をしてくれるので、それでイズさんの生存確認をしています(笑)。
イズさんはAKB48時代からたくさんの後輩に慕われる、穏やかで優しくて何でも教えてくれる先輩だったので、CGM48はどんどんいい方向に向かっていくんじゃないかなと期待しています。

BNK48としては初めての国内姉妹グループとなりますが、先輩としてアドバイスはありますか?

奈:う〜ん。私たちもAKB48としては後輩側なんですが、その面から言うと後輩から先輩に話しかけるのは難しいんですよね。
なかなか声をかけられなかったり緊張しちゃったりするので、お姉さん側から来てくれると後輩側も話せると思うし、BNK48のメンバーは堂々と、いろいろなことを教えたり、自分から話しかけてあげたりすると後輩的には嬉しいんじゃないかなと思います。

向:うんうん。CGM48のメンバーの中にはきっとBNK48に憧れてオーディションを受ける子も多いと思うので、グループ間での交流がたくさんあればいいよね。

ミニライブ、プレゼント抽選会、握手会など盛りだくさんの内容でファンを魅了

8月には2回目となる「AKB48グループアジアフェスティバル」が上海で行われると聞きました!

小:国が違っても歌やダンスで心が通じ合っている感覚が前回あったので、上海でもその感覚をもう一度味わえたらと思いますし、各グループのファンの皆さんの熱気に負けないよう当日に向けて頑張ります!

谷:日本で活動していると海外グループのメンバーとはなかなか会えないので、海外の姉妹グループがひとつになってコンサートを作れることに前回すごく感動しました。
こんなイベントは今のAKB48グループにしかできないことだと思いますし、私たちの活動をどんどん知ってもらって、世界中から愛されるようなグループになっていきたいです。

最後に、9月発売予定の新曲「サステナブル」の注目ポイントを教えてください

向:明るい曲調に切ない歌詞、かわいらしい衣装で“ザ・AKB48”曲です。 AKB48としては久しぶりのシングル曲になっているので、心を込めて歌いたいと思います。ぜひタイの皆さんにも聞いて頂けたら嬉しいです!

インビュー動画はコチラ▼▼

おすすめ記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…
  2. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  3. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ! 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!…
  4. Special Interview 森山良子
  5. 独占! スリヤ工業大臣インタビュー 独占!スリヤ工業大臣インタビュー「タイには日本の力が不可欠」
  6. “製造大国”ニッポンとドイツが揃い踏みの4日間で10万475人が来場! ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」が11月20〜23日の4日間に渡って開催された。 今年は世界50カ国10地域から4000社が出展。製造大国タイにとって最大のイベントだけあって、4日間で延べ10万475人が会場を訪れた。 ASEAN最大級の金属・工作機械展示会「METALEX 2019」開催!
  7. 週刊ワイズ ゴルフコンペ2019【結果発表】

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

PR
  • 2019年週刊ワイズゴルフコンペ結果発表ページです。2020年も近日開催予定です!乞うご期待!

WiSE 週間ランキング

  1. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  2. 「交通ルールを守り、無事故で明るい年末年始を迎えましょう」。誰もがそう願うが、飲酒の機会や忙しなく運転するドライバーが増えるこの時期は1年で最も交通事故が多く、悲しいニュースが祝賀ムードに影を落とす。
  3. 水などで溶いた小麦粉を薄く伸ばして焼くタイ風クレープ「ロティ」。タイ人のみならず、外国人観光客からも人気を博す定番スイーツだ。そんなロティを焼かずに、生地に練乳などを混ぜてそのまま食べるのが今、巷の若者の間で流行っている。
  4. 家族や仲間が集まって、“乾杯”をする機会が増えるこの時期。 タイのお酒を嗜む方も多いのでは。 ビール以外のお酒と言うと、「メコン」「センソン」「ホン・トーン」といったウイスキーが挙げられがちですが、実はこれらは米やサトウキビの糖蜜を原料に作られるため、ダークラムに分類されます。 また、国内最大のアルコール飲料メーカーであるタイ・ビバレッジが製造する「メリディアン」や、「リージェンシー」といったブランデーも人気。 いずれもブドウやパイナップルといった果実の芳醇な香りを特徴とし、すっきりとした飲み口が喜ばれています。
  5. 地下鉄、外苑前駅の構内を歩いていると、よく聞きなれた外国語が耳に入ってきた。タイ語のアナウンスである。「乗車券代をデポジットするにはICカードを差し込んでください」というように聞こえる。もしかしてと思い、券売機を見てみると今までに見たことのない画面に変わっていた。  一部のJRの券売機などではかなり以前から英語による案内はあったが、ついにタイ語による画面が登場した。しかも音声ガイダンスまでタイ語なのである。タイ人訪日客の数が伸びているとは聞くが、こういった場面でタイ語が標準装備されるのはとてもいいことだと思う。もちろんタイ語だけではなく、中国語や韓国語をはじめ数カ国語に対応していた。  タイでATMを操作したことがある方ならわかるはずだが、そこに日本語表記があることでかなり安心できる。外国にいて言葉がわからない、その国の文字を読めないというのは、決定的な不安材料である。ラングエッジバリアを少なくすることで、日本の魅力もぐんと増すことだろう。“おもてなし”がとやかく言われる昨今だが、2020東京大会開催に向け、真のホスピタリティが芽生えてきている。
  6. タイ人の消費意欲は衰え知らずだ。タイ商工会議所大学は12月11〜20日にかけて、年末年始における支出計画をタイ人にヒアリングする消費動向調査を実施。その結果、支出予定総額は1,378億Bに上り、2006年の調査開始以来、最高額となった。
  7. 020年1月1日。新しくなった国立競技場で、最初のスポーツイベントが行われた。天皇杯の決勝である。今年はヴィッセル神戸と鹿島アントラーズによるタイトルマッチだったのだが、どの選手も新しい“国立”での試合に少し興奮しているようでもあった。勝敗の方は、神戸に軍配が上がった。  さて、そんな元日の東京は天気にも恵まれ、初詣にもぴったり。サッカーを見終えてから初詣に向かった。今年は横浜の住まいから少し足をのばして、調布の深大寺を訪れてみた。以前から気になっていた寺である。すでに有名な観光スポットでもあり、やはり大勢の参拝客がお参りに来ていて小ぶりの参道は人であふれていた。通りに沿って何件かが並ぶ土産屋や蕎麦屋も大忙しといった様子で、元日らしい活気に満ちていた。  このような東京郊外の寺にもやはり東京2020大会の予兆はあり、外国人観光客がかなり目立ってきた。随所に外国語表記の案内が置かれ、スマートフォンでQRコードを読み取れば、数カ国語によるガイド映像を観ることもできる。オリンピック開催を控え、お寺もしっかりと準備をしているようだ。

今月人気の記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅へ!
  2. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!
  3. 週刊WiSE 年末年始 旅行特集 2019「ホテル特集」
  4. チェンマイ県の東部、サンカムペーン郡ボーサーン村で毎年1月の第3金曜から3日間に渡って開催される伝統工芸品の祭典「ボーサーン傘祭り(今年は17〜19日)」。期間中は村の至るところが色艶やかな唐傘で彩られる他、大通りでは伝統衣装を身に着けた女性のパレードや傘を使ったパフォーマンス、美人コンテストといった賑やかな催しが行われます。  村では200年ほど前から自然素材を使った傘作りが盛んで、地域の発展に貢献してきました。同祭りを通じて、チェンマイの文化に触れてみてはいかがでしょうか?
  5. 実に力強いビジュアルだ。バタフライのフォームがまるで大きな野鳥の羽ばたく姿にも見える。写真というよりも一枚の絵画のように、見る人を釘付けにする。  これは1964年に開催された東京オリンピックのポスターで、日本が誇るグラフィックデザイナーの巨匠の一人、亀倉雄策氏の作品だ。僕の事務所にひっそりと保存されていたものが、このタイミングに保管場所から出てきたのも何かの偶然。広告というアートが、時代が動く瞬間を無言で伝えていたことを改めて感じた。  謹賀新年。再び東京が時代とともに動く年が始まった。
PAGE TOP
Top