ソンクラン 旅行特集 第1週

東南アジアの玄関口バンコクには、
たった数時間のフライトから異国情緒を味わえるスポットが多数。日本からでは乗り継ぎ必須の場所も、ココでは行動範囲に。
在タイ中に行っておきたい世界遺産を、一挙にご紹介!

 


歴史が色濃く残る、東西文明の十字路
イスタンブール歴史地域


トプカプ宮殿、アヤソフィア、スルタンアフメト・モスク(観光は日中を予定)、ヒッポドロム(古代競馬場)、グランドバザールなど、世界遺産の街の必見スポットを現地ガイドと共に観光。食事は、地元で人気のシーフードレストランへ♪ハズレ無し・安心の旅を約束します。

カッパドキアでは…


火山の噴火で堆積した凝灰岩や溶岩層が浸食されてできた奇岩群「カッパドキア」では、カイマックル地下都市、三美人岩、ウチヒサール、フレスコ画の鮮やかな色が残るギョレメ野外博物館など名所を満喫。ホテルはもちろん同地名物の「洞窟ホテル」で♪


密林の奥に佇む美しき古代都市
アンコールワットの遺跡群


約400平方キロの広大な面積に、大小600の遺跡群が残される同遺跡。プロのガイドと回ることで、その歴史をより深く感じることができます。まずは日の出後に、アンコールワットの重要地点を観光。謎深き遺跡の歴史を知ることで、当時の風景が目の前に蘇ったかのような気分になれるはず。またアンコールワットはもちろん、バイヨンの四面像が有名なアンコールトム、果樹丸の樹が寺院に絡みついたタ・プロームといった人気の遺跡群も網羅。

カンボジアの伝統舞踊も堪能


古来から伝わるカンボジア(クメール)の伝統芸能舞踊を、間近に見学できる時間がコースに組み込まれているのも魅力のひとつ。


国の歴史を物語る城塞宮殿

モスクワの中心部に位置するクレムリン(城壁)は、4つの宮殿と大聖堂からなる城塞。その壁の内側には、大小新旧さまざまな宮殿、聖堂建築、20の塔(バーシニャ)などが林立しています。また、クレムリンの南側に位置する赤の広場内で圧倒的な存在感を放つのが、ロシア正教会の「ワシリー大聖堂」。カラフルで個性的な佇まいは、撮影スポットとしても人気です。

 


世界でもっとも美しい白亜の霊廟

インド北部・アグラにある総大理石造りの「タージ・マハル」は、左右対称に整った美しい建築様式が特徴。敷地の広さは南北約560m、東西約300mに及び、広大な庭園の中央に位置する池に映る廟の姿は、息を飲むほど幻想的。ムガール帝国第5代皇帝「シャー・ジャハーン」が、最愛の王妃「ムムターズ・マハル」のために建設した、“愛の証”でもあります。

 


断崖絶壁の頂に獅子の山

5世紀後半、11年間だけ王都が置かれていたスリランカ中央部の古都シギリヤ。カッサパ1世(在位477~495年)時代の宮殿・要塞跡が頂上にあり、「シンハギリ(獅子の山)」と呼ばれる、高さ約200mの楕円柱の岩が唐突に飛び出し、見るものを圧倒します。樹海が広がる頂上からの眺めは最高です。

 


古代文明の英知とロマンを感じる

街を流れるナイル川を中心に古代文明が発達し、今もヌビア遺跡群と呼ばれる雄大な神殿が佇む街アブシンベル。誰もが必ず訪れるのは、古代エジプトで最も有名なラムセス2世が残した「アブ・シンベル神殿」。約3300年も前に巨大な岩山をくり抜いて造られた、高さ約33mの太陽神ラーを祀る大神殿と、王妃ネフェルタリのために建設された小神殿は、富と権力の象徴とも言えます。

 


独自の文化を築いた宗教の聖地

ネパールの首都カトマンズ、パタン、バクタプルの3つの古都からなる世界遺産 。ヒンドゥー教と仏教の聖地でもあるカトマンズは、古くから根づく精霊信仰と交わることで「人より神が多い街」と呼ばれ、神々の姿をかたどった像や仏教寺院が至る所に並びます。また、「美の都」と称されるパタンや、ネワール美術の最高傑作「55窓の宮殿パチャパナ・ジャル」が見られるパクタブルと、見所も多数。2015年の大地震によって甚大な被害を被りましたが、現在は修復作業が進んでいます。

 


密教的な宇宙観を表す巨大な曼荼羅

インドネシアのジャワ島中央部、火山に囲まれたケドゥ盆地に位置する“世界最大の大乗仏教遺跡”。密林の奧に眠っていた同遺跡は、シャイレーンドラ朝時代の760〜850年に建立され、仏教における宇宙観を示す立体曼荼羅だと考えられています。回廊内の壁には、仏陀の生涯やインドの説話が1460面に渡って描かれ、周囲に並ぶ仏像や釣鐘型卒塔婆(ストゥーパ)も必見です。

 


複雑美麗な“白い貝殻”

数百件の国際コンペを勝ち抜いたデンマークの建築家、ヨーン・ウッツォンにより設計されたシドニーのシンボル。独特な形状のため工事が難航し、4年の建築予定が、実際に竣工したのは14年後の1973年。総工費1億2,000万豪ドルを費やし、苦労を重ねて完成した建物が世界中の人を惹きつけています。

 


 

Marrakesh Hua Hin Resort & Spa

碧いビーチがすぐ目の前! 異国情緒漂う“タイのモロッコ”

Sofitel Krabi Phokeethra Golf & Spa Resort

タイの伝統×仏コロニアル 充実のラグジュアリーを体感

Soneva Kiri

聞こえるのは波音だけ 自然と一体化した魅惑の楽園へ

The Tongsai Bay Ko Samui Thailand

人と自然が織り成す 唯一無二のユートピア

special

関連記事

  1. 7月28日、AKB48のメンバー6人が バンコク都内でファンミーティング※を行った。 近年バンコクを訪れる機会が急増し、 現地ファンの心を今まで以上に惹きつける 彼女たち。そのイベント現場を直撃した。

    AKB48 単独“ファンミ”開催独占インタビュー

  2. BNK48 伊豆田莉奈×大久保美織インタビュー

  3. よしもとインタビュー

  4. バンコクのお土産特集

    タイのお土産特集

  5. バンコクのカフェ特集

    バンコクのカフェ特集

  6. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」

  7. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー

  8. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

  9. 週刊ワイズ650号記念「創刊16年目の大挑戦」

おすすめ記事

  1. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  2. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  3. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  4. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー
  5. 成功のカギは初めの一歩にあり!ここで差がつく!塾選び

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. タイで人気のリクルートウェブサイト「JobThai」は、上半期の累計登録者が同期前年比で11%上昇。現在サイト利用者は1000万人以上で、登録者は前年同期より25%増え、90万人となった。  同社によると、2019年上半期で最も求職したのは25〜34歳で全体の58.7%を占めた。業種別ランキングでは「飲食業」がトップ。入国ビザの緩和により、観光スポットなどの飲食店が増えたことが要因とみられる。2位には政府政策の東部経済回廊により「自動車産業」がランクイン。3位以降は「サービス業」、「建築業」、「小売業」と続く。  同社セーンドゥアンCOOは、「求人数は政府の経済政策に大きく関係している。現在の労働者は将来のタイ経済発展の重要な力だ」と話している。  一方、アメリカ系リクルート会社「マンパワーグループ」が行った人材技術の開発研究によると、ITの発展によりデジタル・ロボット化が進んでいるとした。今後はこれらをコントロールできる技術者の存在が欠かせなく近い将来、IT技術者の需要が確実に伸びると予想される。また、今ある企業がITエンジニアを5倍に増やすことで、製造業などの分野で機械化が進み、労働者数は大幅に減ると予測している。  時代によって求められる能力は変化する。これに対応できる人材になることが、生きていく上で重要になっていくだろう。
  2. 濃厚な甘みが特徴の「丸和ポーク」を使用しています。厚切り肉を丁寧に処理し、最新のフライヤー「ドクターフライ」で揚げるためサクサクでジューシーな仕上がりです。油分の吸収を抑えているので、カロリーを気にしている方もお召し上がりいただけます。ぜひ「丸和ポーク」をお試しください。
  3. 軽く炙ったササミ肉を、酢飯にのせた人気の親子丼。甘口醤油ダレと卵黄の組み合わせは最高。鶏の旨みが凝縮したスープで口を潤したら、一気にかき込んでしまいます。
  4. 有名タイ料理店のオーナーが経営するヌードル専門店「スリー・ホイールス・トム・ヤム・ヌードル」。店先に飾られた昔ながらの三輪自転車が目印です。店内はモダンで落ち着いた雰囲気。ゆったりとローカルフードを楽しみたい方にぴったりです。看板メニューは、スパイシーなトムヤムスープに麺や卵、豚肉などが入った「クイティアオ・トムヤム・カイヤーンマトゥム」。魚やタイ風豚肉ソーセージの「ムーヨー」などの具材を追加でトッピングできます。
  5. タイの英字新聞「バンコク・ポスト」は5日、新政府の閣僚7人を集め、「ROADMAP TO SUCCESS : UP CLOSE WITH THAILAND’S NEW MINISTERS」と題したフォーラムを開催した。テーマが示す通り、タイ経済の成長に向けた方針を各大臣が発表。主要産業である輸出のテコ入れから低所得者向けの政策まで、幅広い分野で議論が今後進みそうだ。  先陣を切ったのは、ウッタマ財務大臣。「タイ経済は輸出に大きく依存している」と重要性を強調した上で、米中貿易戦争がタイの輸出低迷に繋がっていると指摘した。  そこで、ジュリン商務大臣はASEAN10カ国に日、中、韓、豪、インド、ニュージーランドを含めたASEANプラス6との自由貿易協定(FTA)の締結を進める。世界のGDPの3割を占めるこの16カ国との貿易を促進し、輸出額を回復させたい考えだ。5年間の軍政時代にFTAが解除された欧州についても、民政移管後を機に協定が復活するとの期待を示した。  スリヤ工業大臣は米中貿易戦争のメリットに注目する。同氏は経済が冷え込む中国の代わりに、投資マネーをタイにシフトさせるべきと主張。特に自動車業界と東部経済回廊(EEC)への投資支援策には力を注ぐという。  ソンティラットエネルギー大臣はタイを「東南アジアの電力センター」とする構想を披露。タイで大量に生産されているパーム油の活用などにより、電力コストを下げたいと話した。  他にも「医療用大麻の合法化」(アヌティン保険大臣)、「医療観光の促進、地方都市へのインバウンド需要喚起、eスポーツの国際大会開催支援、ビニール袋の削減」(ピパット観光・スポーツ大臣)、「『GRAB』の合法化や交通系ICカードの一元化、PM2.5対策、運賃値下げ」(サックサヤーム運輸大臣)、「主要農作物における最低・最高価格の設定」(ジュリン商務大臣)などの政策が挙がった。  いよいよ本格的に動き出した新政府。国民から真に支持を得て、長期政権となれるか。プラユット内閣の真価が問われる。
  6. 7月28日、AKB48のメンバー6人が バンコク都内でファンミーティング※を行った。 近年バンコクを訪れる機会が急増し、 現地ファンの心を今まで以上に惹きつける 彼女たち。そのイベント現場を直撃した。
  7. 「ハングリー・ゴースト・フェスティ バル」は、中華街の8月の風物詩。古来より中華系の人々の間では、旧暦の7月に地獄に通じる門が開き死者の魂が地上に還ると信じられてきたのだとか。このため、弔ってくれる子孫や縁者がいない「ハングリー・ゴースト」たちの魂を慰める風習が生まれました。 「ハングリー・ゴースト」は、悪戯をすると考えられ、食べ物を供えたり、死後の世界で使えるようにと紙幣を燃やすなどして供養します。また、この時期には結婚や引っ越し、不用な外出を控えるといった独特な習わしもあるそうです。

今月人気の記事

PAGE TOP