灯籠を川へ流す「ロイクラトン祭り」って?

川面に浮かぶクラトンの美しい光景
タイのお祭りの中でも有名なものの一つが「ロイクラトン」。

毎年10月下旬から11月中旬の間の、陰暦12月の満月の夜に各地で行われます。

川の神への感謝の気持ちを込めて灯篭を川へ流すのですが、「クラトン」は灯篭で「ロイ」は流す(浮かべる)という意味。

バナナの葉っぱ、花などで飾られた可愛いクラトンには、お線香とロウソクが添えられます。

今年のロイクラトン祭りは11月19日。

スクンビットエリアなら、ベンジャシリ公園やベンジャキティ公園がオススメ。

また、北部チェンマイと中部スコータイのロイクラトンも、「コムローイ祭り」や「イーペン祭り」が有名です。

夜空に舞う無数のランタンの美しさは、神秘的かつ壮観。

チャンスがあれば、ぜひ出かけて体感してみてください。

皆様からの質問をメールで受け付けております。件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

この記事をSNSでシェア!

一番上へ戻る