最近の注目記事

 

週刊ワイズとは?

バンコク在住日本人の No.1情報源として
16年毎週欠かさず発行

週刊ワイズは、バンコク最大の発行部数を誇る日本語の週刊無料情報誌です。タイのローカルニュースをはじめ、ビジネスニュース、タイ進出日系企業情報などのビジネスマン向けコンテンツから、バンコクのレストラン、美容、不動産、リクルート、習い事、クラシファイド欄といったバンコクでの生活に関わるあらゆる情報を網羅しています。また、単独インタビューなども掲載し、在タイ日本人に役立つ情報が満載です。

広告掲載料金はコチラ

週刊ワイズは広告主の皆様と
これからも歩み続けます

お陰様で、多くの広告主様から契約更新を頂いています。訴求効果、つまりは反響の大きさを実感して頂いているのだと思います。
これまでもこれからも、最も訴求効果の高まる企画を提案するのが、我々の至上命題です。

未知の可能性を引き出す”ワイズの媒体力”

TOSTEM THAIの従業員の皆様TOSTEM THAI従業員の皆様

TOSTEM THAI CO., LTD.

OEM Sales Division General Manager

TOGE

藤解

TSUYOSHI

 アルミ建材事業で日本シェア1位を誇る「LIXIL」の前身である「トステム」の現地法人として、ナワナコン工業団地に拠点を構えたのが1987年のこと。以来30年以上に渡り、主力の住宅向けアルミサッシをはじめ、電気・自動車分野においても数多くの製品を世に送り出してきました。

 弊社が製造する産業品は、「完成品」として一般の目に触れる機会が少ないため、PRと言えば自社のホームページや展示会などへの出展が主でした。そんなマーケティングの課題を抱えていた弊社に、ワイズから広告掲載のお誘いが。決め手は、週刊誌ならではの浸透力、在タイ日本人の誰もが知る知名度、多彩なビジネスコンテンツなど。「出稿するならここしかない!」と決断しました。実際に、思いも寄らなかったお客様に問い合わせを頂き、成約に至った実績もあります。弊社の事業をより広く知って頂けるよう、ワイズと手を取り歩んでいきたいと思います。

พลังMediaจากWiSEดึงความเป็นไปได้ที่ซ่อนอยู่ออกมา

TOSTEM THAIの従業員の皆様TOSTEM THAI従業員の皆様

TOSTEM THAI CO., LTD.

OEM Sales Division General Manager

Tsuyoshi

Toge

 เนื่องจากคนทั่วไปจะไม่ค่อยมีโอกาสได้เห็นผลิตภัณฑ์ของเราในรูปแบบที่เสร็จเรียบร้อยแล้วบ่อยนัก การPRส่วนมากจะเป็นแค่ทำผ่านเว็บไซต์หรืองานแสดงผลงานที่เราไปร่วมงาน
ขณะที่บริษัทของเราที่กำลังคิดเรื่องการตลาดอยู่นั้น ทางWiSEก็ชักชวนให้เราลงโฆษณา
กับทางนิตยสาร สิ่งที่ทำให้เราตัดสินใจก็คือความถี่ในการเข้าถึงลูกค้าของนิตยสารรายสัปดาห์
ชื่อเสียงที่ไม่ว่าใครก็รู้จัก รวมไปถึงเนื้อหาด้านธุรกิจที่หลากหลาย
เราจึงคิดว่า “ถ้าจะลงโฆษณา ก็ต้องเป็นที่นี่แหละ!”และพอลงโฆษณาไปแล้วก็มีลูกค้าสอบถามเข้ามามากอย่างที่ไม่เคยคาดฝันมาก่อน ในจำนวนนั้นก็มีลูกค้าที่ตกลงทำสัญญาเป็นจำนวนไม่น้อย
เราจึงคิดว่าจะเดินเคียงข้างกับWiSEต่อไปเพื่อให้ธุรกิจของเราเป็นที่รู้จักมากยิ่งขึ้นไปอีก

WEEKLY WiSE

นิตยสารที่คนญี่ปุ่นเลือกอ่านมากที่สุด

จำนวนตีพิมพ์
32,000เล่ม/สัปดาห์
จำนวนจุดแจก
8,000แห่ง/สัปดาห์
จำนวนหน้า
92หน้า/สัปดาห์(โดยเฉลี่ย)
จำนวนโฆษณา
350ห้างร้าน / สัปดาห์
จำนวนตีพิมพ์
32,000เล่ม/สัปดาห์
บริษัทญี่ปุ่นรายใหญ่ที่ลงโฆษณา
ประมาณ35บริษัท

WiSEの発信力は、広報戦略に不可欠です

Noble Restaurant従業員の皆様Noble Restaurant従業員の皆様

Noble Restaurant Co., Ltd.

Managing Director

Surawech

Telan

 2008年、セントラル・ワールドに「MO-MO-PARADISE」1号店を開店以来、高級ブランドの「鍋ぞうPremium 」と2つのスタイルで日本式のしゃぶしゃぶ・すき焼きを提供してきました。

 開店当初から、タイの方がメインターゲットではありましたが、タイに住む日本の方たちにも日本と変わらぬ味を楽しんで頂きたいと考えていました。そんな中、在タイ日本人なら誰もが知るWiSEに広告を出稿すべきだと、日本人社員の声があり、WiSEとのお付き合いが始まりました。

 親身になって写真の撮影方法や広告のプラン・レイアウトなど、訴求効果の高いPR戦略を共に考え、クオリティの高い広告を製作してもらっています。現在、タイ国内19店舗を展開していますが、新店オープンの際には毎回、全力サポートを頂いております。また、WiSEのレストラン紹介コンテンツ「美食倶楽部」で取り上げられた際は、お客様が目に見えて増えますね。これも、在タイ日本人に一番読まれる、発行部数No.1のWiSEだからこそだと思います。

 10年以上のお付き合いを経て、WiSEとは親友のような関係を築けました。今後も、共に歩んでいきたいと思います。

พลังการนำเสนอของ WiSE เป็นกลยุทธ์การโฆษณาที่ขาดไม่ได้สำหรับเรา

Noble Restaurant Co., Ltd.

Managing Director

Surawech

Telan

 หลังจากเปิดให้บริการร้าน “MO-MO-PARADISE” สาขาแรกที่ศูนย์การค้าเซ็นทรัลเวิลด์เมื่อปี 2008 เราก็ได้เปิดตัวแบรนด์ใหม่สไตล์พรีเมี่ยมในชื่อว่า “NABEZO Premium”
นับแต่นั้นมาเราจึงมีร้านชาบูชาบูและสุกี้ยากี้แบบญี่ปุ่นเปิดบริการให้ลูกค้าได้มาลิ้มรสความอร่อยแบบญี่ปุ่นได้ถึง 2 สไตล์
ในช่วงเปิดร้านแรกๆเราตั้งกลุ่มลูกค้าเป้าหมายหลักเป็นคนไทย แต่หลังจากนั้นเราก็เกิดความคิดว่าอยากจะให้ชาวญี่ปุ่นที่อาศัยอยู่ในไทยได้ลิ้มรสชาติแบบ ญี่ปุ่นแท้ๆ ด้วยเหมือนกัน และในตอนนั้นเองที่พนักงานชาวญี่ปุ่นของเราแนะนำให้ลองลงโฆษณากับ WiSE ดูเพราะเป็นนิตยสารที่ชาวญี่ปุ่นรู้จักกันทุกคน นับตั้งแต่นั้นจนถึงตอนนี้เราก็วางใจลงโฆษณากับ WiSE มาโดยตลอด
ไม่ว่าจะผ่านไปกี่ครั้ง WiSE ก็ยังคงรักษามาตรฐานในการโฆษณาอยู่เสมอ ทุกๆครั้งเราจะช่วยกันวางแผนรูปแบบในการโฆษณารวมถึงรูปแบบการถ่ายภาพ เพื่อสร้างกลยุทธ์ในการ PR ให้มีคุณภาพดี ช่วยดึงดูดใจลูกค้าให้เป็นที่สนใจมากขึ้น ในปัจจุบันเราเปิดสาขาในประเทศไทยมากว่า 19 สาขาแล้ว ทุกครั้งที่เราเปิดสาขาใหม่ก็จะได้ WiSE คอยช่วยเหลือเราอย่างเต็มที่มาโดยตลอด นอกจากนี้การที่เราได้ลงรีวิวในคอลัมน์ “Restaurant Review” ก็ยิ่งทำให้เราเป็นที่รู้จักในหมู่ชาวญี่ปุ่นมากขึ้น นั่นเป็นเพราะ WiSE เป็นนิตยสารที่ชาวญี่ปุ่นในประเทศไทยให้ความสนใจมากที่สุด รวมถึงจำนวนตีพิมพ์ก็ถือเป็นอันดับ 1 ในประเทศไทย
ความสัมพันธ์ระหว่าง WiSE กับเราตลอด 10 ปีที่ผ่านมาเป็นเหมือนเพื่อนรู้ใจ ต่อจากนี้ก็อยากจะให้เราก้าวเดินไปด้วยกันแบบนี้ต่อไปอีกเรื่อยๆ

生きた広告! WiSEの影響力に感激

J VALUE従業員の皆様J VALUE従業員の皆様

J VALUE CO., LTD.

President

ENDO

遠藤

HARUO

春雄

 日本生鮮卸市場「トンロー日本市場」は2018年6月にオープンしました。グループ会社のJAL便を利用し、鮮度抜群の鮮魚・青果の他、日本産和牛などの高級肉を提供しています。

 会員制市場で、基本は卸・小売りやレストランといった業務用ユーザー向けですが、11時からは一般消費者も購入できます。「鮮度の良い食材がどこよりも安く手に入る」とのプロからのお墨付きは、口コミで瞬く間に広がり、一般消費者の利用客も増え、現在では、約1万7000の会員となりました。ここまでの道のりにWiSEは欠かせない存在でした。

 オープン前、新規事業開発で悩んでいた際に、長年バンコクの飲食業界を見てきているWiSEへ、リサーチを依頼したことがお付き合いのはじまりです。開店直後の広告掲載を通して、想像を上回る来店者数となり、一気に認知度が高まりました。真に頼もしいビジネスパートナーです。これからも二人三脚でどうぞよろしくお願いします。

ประทับใจกับผลตอบรับการโฆษณาผ่าน WiSE

JAL便を利用し、週複数回、豊洲市場及び各地から直接新鮮な魚介類、青果が届きます。日本同様の品質の食材をバンコクでも味わうことができ、切り身、パック、一尾まるごとなど、さまざまな要望にもお応えしますJAL便を利用し、週複数回、豊洲市場及び各地から直接新鮮な魚介類、青果が届きます。日本同様の品質の食材をバンコクでも味わうことができ、切り身、パック、一尾まるごとなど、さまざまな要望にもお応えします

J VALUE CO., LTD.

President

HARUO

ENDO

 ตลาดญี่ปุ่นทองหล่อเปิดเมื่อมิถุนายนปี2018 จำหน่ายวัตถุดิบสดใหม่ คุณภาพสูง นำเข้าจากญี่ปุ่นผ่านการขนส่งทางอากาศโดยสายการบิน Japan Airlines เช่น ผัก ผลไม้ ปลาสด
รวมถึงเนื้อชั้นดีอย่างเนื้อวากิวอีกด้วย ปกติลูกค้าหลักของเราจะเป็นผู้ประกอบการขายส่ง ขายปลีก
และร้านอาหารแต่บุคคลทั่วไปก็สามารถซื้อได้ตั้งแต่เวลา 11 โมงเป็นต้นไป ตลาดของเราคัดสรรวัตถุดิบสดใหม่ส่งตรงถึงมือท่านได้ในราคาที่ถูกกว่าที่อื่น จึงทำให้ถูกพูดถึงเป็นอย่างมากในวงกว้าง
โดยการบอกปากต่อปากในช่วงเวลาสั้นๆ นอกจากลูกค้าทั่วไปจะเพิ่มขึ้นแล้ว
ในปัจจุบันจำนวนลูกค้าผู้ประกอบการมีจำนวนกว่า 17,000 ราย ซึ่งกว่าจะมาถึงจุดนี้ได้นั้น WiSE กลายเป็นสิ่งสำคัญที่ขาดไม่ได้สำหรับเรา
ก่อนจะเปิดให้บริการตลาดสดแห่งนี้การเริ่มทำธุรกิจใหม่นั้นเป็นเรื่องที่ยากลำบาก เราจึงไว้ใจให้ WiSE ที่มีประสบการณ์ในการโปรโมทร้านอาหารในกรุงเทพฯมาเป็นเวลานาน ช่วยสำรวจตลาดให้ จึงเริ่มต้นความเป็นพันธมิตรกันตั้งแต่ตอนนั้น หลังจากโปรโมตร้านผ่านทางโฆษณากับ WiSE ตลาดสดของเรามีลูกค้ามาเยอะกว่าที่คาดการณ์ไว้ และกลายเป็นที่รู้จักมากขึ้นอย่างรวดเร็ว WiSE จึงกลายเป็นพันธมิตรทางธุรกิจที่น่าเชื่อถืออย่างแท้จริง ต่อจากนี้ไปก็ขอฝากร้านของเราด้วยครับ

8年間、日本人集客はWiSEがNo.1

BASILICO従業員の皆様BASILICO従業員の皆様

BASILICO PIZZERIA

Owner

SANICHA

LAOWIWATWONG

 2004年からイタリアンレストラン「BASILICO PIZZERIA」をオープンしています。料理の味には自信があり、経験豊富なシェフが薪窯で焼き上げたピザは多くの方に満足頂いております。ファンに支えられ、今ではバンコクやノンタブリーに計3店舗展開するまでに成長しました。

 WiSEとの付き合いは11年からです。当時、日本人の集客を図りたかったのですが、日本人がどんな媒体で情報を得ているのか、わかりませんでした。そこで、タイに精通している日本の友人に「日本人はどこでタイの情報を得るのか」と聞いたところ、WiSEの名前が挙がったのです。

 そして、初めて広告を出した際、ワイズの反響の大きさにはスタッフ一同大変驚きました。もともと日本人来店者は多かったのですが、広告掲載後はさらに人数が増えたのです。

 また、WiSEの営業は面倒見が良く、当店が新規プロモーションなどを展開する際は誌面上で紹介してくれたりしました。WiSEには本当に様々な面で当店を支えてもらっていると感謝しています。

 WiSEとはこれからも末永くお付き合いしていきたいと思っています。日本人は駐在員が多く、毎年入れ替わりが激しいため、定期的なPRがかかせません。今後もWiSEを通じ、新たに来タイした日本人にも自慢の料理を届けていきたいと思っています。

ตลอด 8 ปี WiSE เป็นอันดับ 1 ที่พาลูกค้าชาวญี่ปุ่นมาให้

BASILICO PIZZERIA

Owner

SANICHA

LAOWIWATWONG

 บาซิลิโกพิซเซอเรียเปิดให้บริการมาตั้งแต่ปี 2004 ด้วยอาหารรสชาติดี เชฟผู้มากประสบการณ์
และพิซซ่าที่อบจากเตาถ่าน ทำให้เราได้รับผลตอบรับที่ดีจากลูกค้าเสมอมา ด้วยการสนับสนุนจากลูกค้าทำให้เราเติบโตขึ้นจนมีสาขาในกรุงเทพฯ และนนทบุรีรวมกันถึง 3 สาขา
เราได้มีโอกาสรู้จักนิตยสาร WiSE เมื่อประมาณปี 2011 ตอนนั้นร้านเรามีลูกค้าชาวญี่ปุ่นมาใช้บริการอยู่บ้าง แต่เราก็ยังไม่รู้ว่าคนญี่ปุ่นหาข้อมูลร้านอาหารจากหนังสือเล่มไหน เราจึงลองถามเพื่อนชาวญี่ปุ่นที่รู้เรื่องกรุงเทพฯเป็นอย่างดี และก็ได้รู้จักชื่อของนิตยสาร WiSE ในที่สุด
ช่วงแรกๆที่เริ่มลงโฆษณากับ WiSE ก็รู้สึกตื่นเต้นกับฟีดแบ็คที่ได้รับเป็นอย่างมาก
เดิมทีร้านเรามีลูกค้าคนญี่ปุ่นอยู่บ้างแล้ว แต่หลังจากลงโฆษณาไปลูกค้าชาวญี่ปุ่นก็ยิ่งเพิ่มมากขึ้นอีก แถมฝ่ายขายของ WiSE ก็ยังดูแลเราเป็นอย่างดีทำให้เรารู้สึกขอบคุณมาจนถึงทุกวันนี้
เพราะตอนที่เรามีโปรโมชั่นอะไรใหม่ๆ ทาง WiSE ก็ช่วยสนับสนุนเผยแพร่ข่าวให้อยู่เสมอ
จากนี้ไปก็ตั้งใจว่าจะลงโฆษณากับ WiSE ไปเรื่อยๆให้นานที่สุดเพราะเราเข้าใจดีว่าชาวญี่ปุ่นที่มาทำงาน ในกรุงเทพฯมีการหมุนเวียนเปลี่ยนคนทุกปี จะหยุดการโฆษณาร้านไม่ได้เลย
จึงตั้งใจว่าจะใช้ WiSE เป็นสื่อกลาง ประชาสัมพันธ์อาหารชั้นดีที่เราภูมิใจ เพื่อให้คนญี่ปุ่นที่เพิ่งมาเมืองไทยได้รู้จัก


ワイズからバンコクの今を知る

森本:当社は1956年にサンフランシスコ、ホノルル、香港に続く四番目の国際路線としてバンコクに週二便体制で就航し、今年、お陰様で62周年を迎えることが出来ました。当時は日本人会の会員数300人、JCCの登録社数300社と現在では考えられないほど小さな日本人コミュニティでしたが、今や両国は他の国が追随できないほど絆を深め、お互いになくてはならない存在になりました。JALとしても両国の関係強化に幾らかでも貢献出来たというのが誇りであり励みとなっています。

中尾:弊社が創業したのは15年前です。当時の在タイ邦人数は約2万9000人でした。

森本:創刊当初からのお付き合いですね。創刊号は今でも支店に大切に保管しています。約4年前に私が駐在を始めたときも、ワイズをアパートに持ち帰り、隅から隅まで読みバンコクの基礎知識を学ばせて頂きました。

中尾:それは本当にうれしいですね。15年が経ち、タイに住む日本人は登録ベースで7万人を超えました。政変や自然災害など多くの困難を経験しましたが、一度も休まず発行できたのも、JAL様や多くのクライアントの皆様の支えがあってこそです。JAL様が多くの日本人を運び、我々(ワイズ)が、バンコクの情報をお届けする。それが役割であり使命だと思ってきました。

 駐在員が多い海外では、住む方の移り変わりも生活の一部です。新しい方には、タイの基本情報を提供しつつ、長く住んでいる方には新鮮な情報と、より深く、確かな現地の情報を伝えることを大切にしています。

 また、情報はニュース記事だけではありません。広告という手段であれば、端的に求める相手に訴求することができ、掲載を継続することで、そこにある(いる)という信頼感を与え、新サービスや新商品が出れば、情報の変化を伝えられます。まさに、掲載広告の歴史そのものが時代を写す鏡になるのです。

森本:両国の関係の深まりと共に、人の往来も増え続けています。日本人の訪タイ数はずいぶん前に100万人を超え、去年は150万人と史上最高の水準でした。驚くべきはタイ人の訪日数で、2013年に開始されたタイ人に対するビザ免除の効果もあり、今年は100万人を超えようとしています。

 JALも大きく変わりました。62年前に週2便で始まったバンコク線も、現在では羽田・成田・関空・中部(セントレア)に毎日6便、週42便となり、年間約70万人の方にご利用頂いております。当然タイと日本を結ぶ航空会社も増えており、各社差別化でしのぎを削っています。JALが拘るのは「日本の航空会社」であり続けることです。チェックインから到着地で空港を離れるまで徹底した“おもてなしの心”で、日本人はもとよりタイ人を魅了し続けたいと思います。

 約一年前にリニューアルしたサクララウンジは日本亭さんにもご協力を頂き多くの日本料理をご提供させて頂いています。また、タイのお客さまの増加に合わせてカウンターやラウンジで正月飾り、ひな人形、桜の開花状況を示す日本地図を掲示するなど工夫を凝らしています。

中尾:時代の変化に対応し続けることで進化を生み出してきたわけですね。

森本:仰るとおりです。それには、タイにおける“今”を知らせてくれる情報源である“ワイズ”という存在が欠かせません。これからも価値のある情報を期待しています。互いに進化することで、次の時代も乗り切っていきましょう。

飲食業界にとって最良の相棒

SHAKARIKI 432゛ Co., Ltd. President & CEO 清水友彦

ワイズに広告掲載を始めたのは、2012年、アソークに居酒屋「しゃかりき432゛」をオープンして3カ月くらい経った頃です。とにかく、その影響力はすごかった! 客がドバーッと入ってくるようになって、店が回らへんようになったほど。おかげで今は、バンコクを中心に20店舗以上まで拡大できています。

そして去年、記念すべきタイ20店舗目としてオープンしたのが、歳を重ねた自分でも行きたいと思える店で、本当に美味しくて食べたいものを提供する「しゃかリッチ」です。この店には意識の高いスタッフを集めています。最初はコース料理だけの提供やったけど、お客さんが来やすいようにアラカルトも増やしていきました。大阪から呼び寄せた若い料理長が斬新なアイディアで料理を考案し、素材や味だけでなく、見せ方にまでこだわっています。

そんな「しゃかリッチ」も最初は誤解されたイメージがあって苦戦していまして、ワイズさんに相談させてもらったんです。実は1号店のオープンから3年ほどして、認知度は定着して順調やったからワイズの広告掲載をストップしてました。それでも、しばらく付き合いがなかったのに、営業さんは広告のことだけやなく親身になってアドバイスしてくれたんです。長年バンコクの飲食業界を見てきたワイズの営業さんやからこそ、ええとこと悪いとこもズバッと的確に言うてくれて、ほんまに頼りになると改めて実感しています。

スマホだ、ネットだと言われていますが、なんだかんだみんなワイズを見ていると思う。現に、自分の鞄の中にはいつも入っとるし。ワイズからの予約がダントツで多いですからね。そして、何よりワイズは常に進化していて面白い。そんなワイズに負けんよう、これからも新しいことにどんどんチャレンジしていくつもりです。みな来てやぁ!

日本人への発信源は、いつもワイズ

SMITH:振り返れば、タイ初の日本式温泉として「湯の森」をオープンした2012年からずっと、貴誌にはお世話になっていますね。

当時から湯の森のコンセプトに掲げているのは、喧噪に疲れた人のための“癒やしの場”です。温泉に入ってリラックスするのはもちろん、入浴後には体の芯までほぐれるスパや、時間無制限で横になれる休憩室、日本スタイルの庭園、飲み物や軽食が頼めるカフェなど、“湯”以外の“癒やし”にも力を注いできました。湯の森を訪れた皆さんには、リフレッシュして帰ってほしいというのが変わらぬ想いです。

オープン当時、タイ人にとって温泉はまだ少し馴染みの薄い文化だったかもしれませんが、今ではタイ人の常連の方も多くなりましたし、“温泉文化”がタイに浸透してきたと手応えを感じています。それもこれも、ワイズのおかげです。

SUMON:ありがとうございます。弊誌にとっても、光栄なことです。そもそも、ご出稿しようと思ったきっかけは何だったんですか?

SMITH:湯の森を始める前から、ワイズのことはずっと知っていました。日本食が大好きなので、日本食レストランを探す時はいつも、ワイズを見ていたんです。周りの友人もそうですし、それは今でも変わりません。広告をどこに出すかと考えた時も、すぐにワイズが思い浮かびました。日本人が一番読んでいる媒体ですし、日本人マーケットにPRするなら、やっぱりワイズだなと。

SUMON:日本語媒体なのに、タイ人にも手に取って頂けているとは驚きました。実際のところ、ご出稿後の反響はいかがですか?

SMITH:広告を出し続けているのが、その答えですよ(笑)。オープン当時から多くのお客さんが「ワイズを見て来ました」という声を掛けてくださっています。それに、ワイズは反響がない時がありません。安定して、反応がいい状態が続いているんです。出したら出した分の反響がある。やっぱり、日本人に向けた一番の広告塔だなと感じています。

SUMON:それは本当にうれしい限りです。弊社でも“湯の森ファン”は多いんですよ。疲れた時は必ず湯の森を訪れて、温泉とスパのメニューを堪能して、カフェでのんびり過ごすと話しています。施設自体の居心地がいいからこそ、ついつい長居してしまうんだと。きっと他のお客様も同じですね。

SMITH:当時からずっと担当してくれるSUMONさんには、広告はもちろんのこと、お店づくりに関わるライセンスや法律、デザインなどたくさん相談させて頂いています。日本とタイ両方の視点から的確な意見をくれ、本当に頼もしい存在です。私はタイ人なので、日本の文化を熟知するタイ人の方とやりとりできるというのは、とても安心できます。

SUMON:こちらも一層、勉強していきます。今、湯の森はバンコク店に加えてパタヤ、シンガポールと展開されていますね。温泉文化をさらに広域にという勢いを感じますが、今後の展望はいかがですか?

SMITH:現在の3店舗に加えて、新店舗をバンコク都内、スクンビットエリアではない場所で計画中です。これまでとは異なる層に向けて湯の森を、温泉文化を体感してもらい、リラックスして頂きたいです。その際にはもちろん、貴誌で大々的に告知させて頂きます!

SUMON:弊誌も、企業様や読者様に貢献できるよう、これからもビジネスからライフスタイルまで幅広く、価値ある情報を皆様に届けられるよう精進していきます。

おすすめ記事

  1. 年末年始 旅行特集 2019 vol.2「タイ国内旅行編」〜 親子ファーストな旅…
  2. 年末年始 旅行特集 2019 vol.1「近隣諸国編」〜 親子ファーストな旅へ!…
  3. タイ料理特集2019 - バンコクの名店13軒をご紹介 タイ料理特集2019 – バンコクの名店13軒をご紹介
  4. バンコクのお土産特集 タイのお土産特集
  5. バンコクのカフェ特集 バンコクのカフェ特集
  6. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー「青木隆治」
  7. イオン桜まつり 週刊ワイズ独占インタビュー

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週間WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

WiSE 週間ランキング

  1. 干ばつによる「農家救済策」、8〜9月の2カ月限定で支援金の給付規模を拡大した「福祉カード」。これらと共に今年8月、新政府が景気回復に向けた突破口として打ち立てた第3の国民支援策がいよいよ始まった。
  2. 出生数増は素晴らしいが.......。 若年出産が引き起こす痛ましい事件
  3. リンピックの競技種目といえば、その回の開催国のお家芸である種目が注目されることが多い。だから「あれ?」とか「なんで?」と、採用となったり不採用となったりする種目について不思議に思うこともある。野球とソフトボールが競技種目から外された大会では、「え!」と思わず声に出してしまったが、アメリカ大陸やアジア以外では野球人口などたいしていないのだから、よく考えてみれば当然だったのかもしれない。  しかし、来年の東京オリンピックでは、空手、スケートボード、サーフィン、スポーツクライミングと共に、野球とソフトボールが追加種目として復活する。僕のような野球ファンにとっては嬉しい限りで、しかも会場となる球場は、僕の地元にある横浜スタジアムなのである。この球場のいいところは、まず屋根がないこと。また、急傾斜のすり鉢状のスタンド席から観戦するゲームの様子は、横浜スタジアム独特の臨場感がある。  あいにくチケットを手に入れることはできなかったが、きっと球場近くでパブリックビューも行われるだろうから、スタンドからあふれる歓声と共に侍ジャパンの活躍を楽しみたい。
  4. デジタル経済社会省のプティポン大臣は8日、無線LANサービスを提供する全国のカフェや飲食店に、来店者のネット閲覧履歴を90日間分保存し、政府に送るよう指示した。そのデータは、8月末に設立された「フェイクニュース対策センター」が管理し、嘘の情報を発信した者を追跡するという。  同省は「フェイクニュースの防止」を目的に掲げるが、国際人権団体 「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」のタイ代表が「どんな内容がフェイクとされるかは曖昧。政府が反対意見を封殺したり、都合の悪い情報を隠したりする可能性がある」と懸念する。  同センターは関連機関の協力の下、インターネットやソーシャルメディア上のニュースを監視する組織。フェイクニュースがあれば、同省のウェブサイトやライン公式アカウントを通じて、国民に通知する。関連機関は“正しい”情報を提供する必要があり、最終的に政府が“正しい”と判断した情報を公開するという。プティポン大臣は「個人情報を悪用することはなく、あくまでインターネット上のプラットフォームを介した不正行為防止のための措置」と念を押す。  なお、同センターの設立に先立ち、国立開発行政研究院(NIDA)の世論調査機関「NIDAポール」は8月14〜16日、全国15歳以上の1522人にフェイクニュースに関する調査を実施。それによると、「ネット上のフェイクニュースを信じたことがあるか」との質問に対し、「信じたことがない」との回答が61.23%を占めた一方、「信じたことがある」が27.59%、「偽の情報か判別できない」が11.18%だった。4割がフェイクニュースの影響を受けているということになる。また、「同センターの設立に賛成か」という質問には、86.98%が「賛成」と答えた。どうやら国民のお墨付きの上で同センターが設立したようだ。  ただ、海外投資家の目に今回のネット検閲がどのように映るか。仮に、民主主義の根幹をなす「表現の自由」を侵害していると判断されれば、投資熱は冷え込むだろう。
  5. 暑い日が続いた東京も、10月半ばに近づくとかなり秋めいてきた。コオロギの羽の音色も、心なしか大きくなってきたような気がする。そんなふうに秋を感じるようになると、なんとなく恋しくなるのが灯火である。焚火や提灯、そしてハロウィンの月だけにキャンドルの揺らいだ炎もなかなか素敵だ。  さて、オリンピックの灯火といえば、やはり聖火だろう。そんなオリンピック聖火は、来年の3月12日にギリシャ古代オリンピア市聖火採火式をスタートし、3月20日に宮城県の航空自衛隊松島基地に到着する予定。その後、石巻市から岩手県内を駆け抜け、福島県といった震災地をリレーして日本国内をくまなく巡ってから関東エリアへ。途中、いくつかのセレモニーを経て、国立競技場に到着することになっている。  あの震災から早9年目。東京オリンピック聖火には、“復興の火”という意味も込められている。
  6. 「ドカンと一発当てて一攫千金!」。よほど経済的にゆとりのある暮らしでなければ、誰しも一度は夢見たことがあるだろう。一般的にタイ人には賭け事好きが多いと言われるが、近年は単なる娯楽の域を超え、社会問題としても注目を集めている。

今月人気の記事

  1. 在タイ日本人に朗報! 情報感度の高い方はタイのニュースやSNSを通してすでにご存じかもしれないが、タイへ入国する際に記入する「出入国カード」が廃止される。  これは9月17日に開かれたビジネス雑誌の創刊5周年記念イベントに出席した、タイ首相府のコプサック副大臣が明かしたもの。同副大臣はスピーチの中で「外国人がもっと容易にタイへ来られるよう、政府として『出入国カード(TM.6)』を廃止する。また、外国人を宿泊させた場合、ホテルなどのオーナーに対して24時間以内の報告を義務付けている『TM.30』も撤廃する」と言及。早ければ2、3カ月以内に実現させ、今後はアプリで個人情報などを登録する方式を採用するという。  また報道によると、タイに滞在する外国人が居住地を90日ごとに報告する「90日レポート」についても、アプリ上で行えるようになるという。  これまで入国管理局では膨大な「TM.6」を保管してきたが、業務上、使用する必要がなくなったことも廃止理由として挙げられている。  気になるアプリの利用方法は①入国審査場で係員から配布されるQRコードを自身のモバイル端末でスキャンする。登録後、問題がなければ直ちに審査が完了 ②ホテルなど宿泊施設に到着後、QRコードとパスポートを宿側に提示する。これにより、面倒なカード記入から解放されるというわけだ。外国人にとっては嬉しいニュースと言えるだろう。
  2. BTSシーロム線タラートプルー駅近くにある都内のコンドミニアムで17日3時頃、女性の遺体が発見された。彼女はイベントコンパニオンのランラベールさん(25)。防犯カメラには彼女を運ぶ男の姿が映っており、SNS上で「男が強姦して死なせた」との憶測が飛び交っている。  女性は16日16時頃、「パーティー会場で酒を何本も飲まされた」と友人にSNSでメッセージを送ったのを最後に音信不通に。心配した友人らは主催者に連絡したが、「男性と一緒に帰った」と伝えられたという。その後、男から連絡があり、指定のコンドミニアムへ迎えに行ったが、彼女は死亡していた。  防犯カメラには16日18時頃、男が意識のない彼女を自宅に連れ込み、翌17日深夜1時半頃にロビーへ運ぶ男の姿が映っていた。警察は男をモデルのナムウン氏(25)と特定。同氏は「彼女が泥酔し、目を覚まさなかったので彼女の友人を呼んだ。死んだかは分からなかった」と容疑を否認しているという。  警察の発表によると、死因は急性アルコール中毒。彼女のスマートウォッチでは、16日17時に脈拍が止まっていた。供述通りならば、ナムウン氏は女性が心肺停止状態になってからもずっとそばに居たことになる。さらに、彼女の洋服がパーティー前後で変わっており、「彼に強姦されてたのでは」との声も挙がっている。今のところ、真相はベールに包まれている。
  3. 干ばつによる「農家救済策」、8〜9月の2カ月限定で支援金の給付規模を拡大した「福祉カード」。これらと共に今年8月、新政府が景気回復に向けた突破口として打ち立てた第3の国民支援策がいよいよ始まった。
PAGE TOP