【週刊ワイズ】リクルート特集2018

必見! タイ人の就職の今

現在、約5000の日系企業が進出していると言われるタイ(JETRO調査)。タイ人の雇用はもちろん、日本人の現地採用も増加傾向にあり、タイの雇用事情は今、過渡期を迎えている。企業の未来を共に創造する大切な“同志”を得るためにも、本特集では、タイの雇用事情に精通する人材紹介会社を厳選して紹介する。


在タイ日系企業の製造業で4.5%、非製造業で5.0%の賃上げを実施。今後、タイ社会の高齢化に伴い人手不足が深刻化。人件費の高騰が懸念される。

2016年の平均月額賃金(残業手当、ボーナス、福利厚生費を除く)は13,729バーツ。バンコク都市部と一番低い南部とでは、約2分の1と地域格差が明確に表れている。

一般的には業績連動型だが、勤務年数や能力に応じても異なり、インセンティブ支給を実施する企業もある。時期は年1回、12月に支給する企業が大多数。
転職を繰り返しながら、自身に泊をつけていくというタイ人。根本的な仕事意識の違いに加え、日系企業で働いているのであれば“日本のルール”に従えるかも重要なポイント。日系企業に就業経験のある、または日本語が話せる人材のみを取り扱う人材紹介会社でしっかり見極めたい。


人材紹介会社を利用して見事採用! 座談会

みなさんの就職・転職活動のキッカケは?
日本人Aさん:私は日本時代からずっと営業職で、海外でのキャリアアップを目標にタイへ来ました。前職も営業でしたが、前社が経営不振に陥り、将来性を考えて転職しました。
日本人Bさん:前職は週休1日制などの待遇面で私自身が描いていたライフスタイルと異なっていたのが理由です。
日本人Cさん:私はタイ人男性と結婚することになりタイに移住してきたんですが、とにかく働きたくて就職活動を始めました。
タイ人Dさん:ローカル企業より給与がいい日系企業に就職するために大学で日本語を専攻していたので、自然な流れです。
タイ人Eさん:前職も日系企業でしたが、スキルアップのために。

なぜ、人材紹介会社を利用して就職・転職しようと?
日本人Bさん:私は「この職業でなければ」というのが無く、どちらかというと待遇などの条件面を優先しての転職を考えていたので、幅広い企業を紹介してくれる人材紹介会社に依頼するしかないと思っていました。
日本人Aさん:キャリアアップが図れるような制度、長く勤められる環境が整っている会社を希望していたこともあり、転職の際は企業事情に詳しい人材紹介会社を利用しようと決めていました。また、知人が勤務していたこともあり、人材紹介会社の存在は身近に感じていました。
日本人Cさん:当時はタイに来てまだ間もなく、右も左も分からない状態だったので。
タイ人Dさん:ローカルの人材紹介会社と異なり、日本語に特化している人材紹介会社は、採用前後のサポートも手厚いと先輩から聞いていたので。
タイ人Eさん:前職は知人の紹介だったんですが、「なんとなく働いている」という感じがストレスになってしまって。それなら目指す方向性を重視して、より幅広い求人の中から転職先を見つけようと思い、人材紹介会社に決めました。

利用した人材紹介会社を知ったきっかけは何ですか?
タイ人Dさん:私は新卒入社で、在学中に行われた大学のリクルートフェアで知りました。
日本人Bさん:WEBで「タイ 就職」と検索してヒットしたので(笑)。
日本人Cさん:私も。来タイ前から日本でいろいろとリサーチをしていた中の1社です。グローバル化が進んでいるのを痛感しました。
日本人Aさん:前の質問でも答えた通り、知人が勤務していたためです。
タイ人Eさん:私はフェイスブック広告。知人・友人もSNSで求人広告を見つけて採用、という子が比較的多いです。タイはSNSでの求人活動が盛んですよ。

その人材会社を選んだポイントは?
タイ人Eさん:日系企業に特化して、圧倒的な求人数を扱っていたためです。
日本人Bさん:幅広い求人はもちろんのこと、アドバイザーの女性の方が女性ならではの目線でヒアリングをしてくださって。登録者・応募者一人ひとりに丁寧な対応をしているんだなと。印象が良かったからです。
日本人Cさん:私もBさんと同じく。とても親身になって話を聞いてくださったのが印象的でした。
タイ人Dさん:面談時点で自分の希望に合う求人を幾つか紹介してくれたので、ここだ! と思い即決しました。

転職活動の流れと、採用決定に要した期間を教えてください
タイ人Dさん:私はリクルートフェアで直接登録をしました。期間は1カ月半です。
日本人Aさん:私は1カ月で採用が決まりました。WEBで仮登録後、人材紹介会社へ直接赴き、登録・面談・紹介→企業面接→採用、といった流れでした。
日本人Cさん・タイ人Eさん:私もまったく同じ流れ・期間です。
日本人Bさん:私も流れは同様、期間は2カ月かかりました。

人材紹介会社を利用した感想は?
日本人Cさん:企業情報をはじめ、独力では得られないオフィスや実際に働いている人たちの雰囲気・印象、企業面接前の模擬面接など、全面的にバックアップして頂き心強かったです。
タイ人Dさん:当時はまだ社会経験も無く、日本の会社のルールも知らないため不安を感じていましたが、アドバイザーから日系企業で働く上でのアドバイスを事前に受けることができたため、実際の仕事がスタートしてからもギャップが少なかったです。
日本人Aさん:面談時から希望や今後の方向性をオープンに話すことがで出来たため、同じ職種でも業種を絞った紹介が受けられたなど、効率よく転職活動が出来ました。また、面接の日程や採用条件などの交渉を代理で行ってくれたので、すべて円滑に進めることができました。
日本人Bさん:アドバイザーの丁寧なサポートでスムーズに転職活動が出来たので、お世話になって本当に良かったと思っています。
タイ人Eさん:興味のある仕事でのスキルアップを考えていたので、社員教育制度が整っている企業を優先して紹介して頂くなど、今後数十年先を視野に入れての転職活動ができました。

日本人の方々は、タイの転職活動において日本との違いを感じましたか?
日本人Aさん:日本の転職活動と比べ、面接などもスピーディーな印象を受けました。業種の割合は製造業が圧倒的ですが、前職種に縛られず、すべての職種に挑戦できる幅広さがあると感じました。
日本人Bさん:日本とは異なり、面接はとてもリラックスしていて、企業側も応募者側も聞きたいことはハッキリ聞ける雰囲気でした(待遇面など)。
日本人Cさん:日本での転職経験が無いので何とも言えませんが、タイでは企業への興味や仕事へのやる気という抽象的なことではなく、即戦力になる人が必要とされていると感じました。
なるほど。日本人・タイ人関わらず、どれも各企業との信頼関係を築いている人材紹介会社だからこそ成せる技ですね。ありがとうございました!

ディースタッフリクルートメント

相思相愛を目指して求人企業と求職者にベストマッチングを

オーエス タイランドグループ

国内14の拠点からタイ全域へ製造業に特化した人材サービス

ジョブスゴイ

人材データ×WEBで価値ある採用を実現合言葉は“ジョブスゴイ”

パソナ エイチアールコンサルティング リクルートメント

「パソナに聞けば、答えがある」入り口から出口まで、総合人材サポート

パーソネル コンサルタント

変わらぬ真摯な姿勢こそが業界大手の証であり、創業24年の実績

アールジーエフ エイチアールエージェント リクルートメント

タイでも「RECRUIT」“新たな出会いと可能性”を、企業と求職者へ

 

関連記事

  1. 【週刊ワイズ 計測・測定・分析機器特集2018】

  2. 【WiSEビジネス特集】リース・レンタル特集

  3. 【週刊ワイズ 工具特集2018】

  4. 【週刊ワイズ FA特集2018】

  5. 【工具特集2018】製品の根幹を司る工具メーカー、商社、全18社を紹介

  6. 【物流特集2018】タイ+1を決めろ!

  7. 【WiSEビジネス特集】IT特集〜動き出すタイランド4.0

  8. 【金型特集2018】ものづくりの基盤

  9. 【機械特集2018】METALEX直前企画

おすすめ記事

  1. 百五銀行
  2. 阪急阪神 不動産
  3. HOSHIZAKI (THAILAND)
  4. 商工中金
  5. KANEFUKU (THAILAND) CO.,LTD.

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP