日本語に聞こえる タイ語がある?

日本語に聞こえるタイ語がある?

タイ語には5つの声調があり、タイ語に慣れていない日本人には聞き取りにくいこともしばしば。たとえば、文字の上では同じ「マー」でも、そのイントネーションによって「馬」「犬」「来る」と完全に異なる意味になってしまいます。 また、日本語の「ハサミ」は“夫を募集中”、「キカイ」は“垢”を意味するなど、日本語に響きが似ている言葉もあるため、さらに注意が必要。中には誤解を招いてしまう表現もあるので、文字だけでなく耳から覚えることが必須です。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

関連記事

  1. 「なぜ、タイはナンバープレートの色が多彩なの?」

  2. 今週のギモン「タイのプレミア硬貨ってなに?」

  3. 「4月6日の祝日は 何の記念日?」

  4. 今週のギモン「煙草のグロテスク写真の効果は?」

  5. 「宝くじ購入で縁起は担ぐの?」

  6. ソンクランに 花柄を着る理由って?

  7. 今週のギモン「なぜタイ人は水着をあまり着ないの?」

  8. 「タイの風呂敷ってなに?」

  9. 今週のギモン「タイの大衆音楽を知りたい」

おすすめ記事

  1. 冷えと代謝
  2. ソンクラン 旅行特集 第2週
  3. ソンクラン 旅行特集 第1週
  4. ストレスと凝り
  5. スポーツ障害

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP