日本語に聞こえる タイ語がある?

日本語に聞こえるタイ語がある?

タイ語には5つの声調があり、タイ語に慣れていない日本人には聞き取りにくいこともしばしば。たとえば、文字の上では同じ「マー」でも、そのイントネーションによって「馬」「犬」「来る」と完全に異なる意味になってしまいます。 また、日本語の「ハサミ」は“夫を募集中”、「キカイ」は“垢”を意味するなど、日本語に響きが似ている言葉もあるため、さらに注意が必要。中には誤解を招いてしまう表現もあるので、文字だけでなく耳から覚えることが必須です。
件名に「おしえてタイランド」と明記し、info@wisebk.comまでお送りください。

関連記事

  1. 今週のギモン「タイの大衆音楽を知りたい」

  2. 今週のギモン「なぜインド人経営のテーラーが多いの?」

  3. 「路上の花輪 使いみちは?」

  4. 今週のギモン「タイのマッサージ師はどこで技術を学んでいるの?」

  5. 「虹の指さし禁止 本当のねらいは」

  6. 今週のギモン「ソンクラン限定の伝統料理?」

  7. 「どうしてタイでは野良犬が多いの?」

  8. 今週のギモン「タイのお店でBGMとして音楽を使うのは、違法?」

  9. 今週のギモン「タイ人がつけているネックレスはお守り?」

おすすめ記事

  1. KANEFUKU (THAILAND) CO.,LTD.
  2. TRI PETCH ISUZU SALES
  3. THAI SECOM SECURITY
  4. NEPON(THAILAND)
  5. NGO法人京都大学ASEAN拠点

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

今月人気の記事

PAGE TOP