タイの主なドラッグストア&コスメストア

ドラッグストア

TSURUHA DRUG(ツルハドラッグ)


世界で2万店舗の展開を目指す「ツルハグループ」の記念すべき海外1号店が、バンコク都内BTSエカマイ駅直結の「ゲートウェイ・エカマイ店」です。このようにバンコクではサイアム駅やサラデーン駅など駅チカに支店が多いのが特徴のひとつ。また、パタヤ、チェンマイといった地方都市にも進出しています。

MATSUMOTO KIYOSHI(マツモトキヨシ)


「マツキヨ」の愛称でお馴染みの「マツモトキヨシ」は、2015年にタイに進出しタイ人の間でも大人気。「セントラル」「ザ・モール」といった大型商業施設内を中心に店舗を拡大し、数えきれないほど多くのプチプラコスメを販売しています。プライベート・ブランド商品はもちろん、「ちふれ」「DHC」など日本生まれの基礎化粧品の取り扱いも多く、いざという時に頼れる存在です。

WATSONS(ワトソンズ)


香港発、全世界に1万6000店舗以上を展開するドラッグストアチェーン。世界各地のプチプラコスメの他、オリジナル商品が多いのが特徴。“BUY 1 GET 1 FREE”などお得なプロモーションも頻繁に実施しています。

BOOTS(ブーツ)

1849年にイギリスで設立され、現在タイには280店舗以上の支店を拡大しています。薬剤師が常勤し市販薬を購入できる他(店舗により英語対応)、コスメやスキンケア、サプリメントといった美容系商材が豊富です。

 
 

コスメストア

SEPHORA(セフォラ)

©sephora.co.th

フランス・パリ生まれのセレクトコスメショップ「セフォラ」は、世界中の美容を愛する女性たちのご用達。数年前に日本から撤退してしまい現在は通販でしか購入できないため、日本未発売の海外コスメやハイブランドの商品が手土産として喜ばれています。

@cosme(アットコスメ)

©siamcenter.co.th

日本最大級のコスメ・美容の総合サイトの実店舗が、バンコク中心部のショッピングモール「サイアムセンター」内にもあります。日本の新作やロングセラー商品をずらりと取り揃え、タイ国内ではここでしか買えないアイテムも多数。話題の韓国コスメ探しにもお薦めです。

@LOFT(ロフト)

©loftbangkok@facebook

実はご当地コスメ探しの穴場なのが、20年以上タイ人に親しまれる「ロフト」です。デザイン性に優れ、バラエティに富んだ商品を揃えることから日本と同様に若年層の間で人気を博し、コスメはもちろん入浴剤やオーラルケア用品なども大充実。レトロなパッケージのタイ石けんなど、掘り出しモノが見つかるはずです。

EVEANDBOY(イヴアンドボーイ)

バンコクのオシャレ中心地・サイアム・スクエアに2012年に誕生し、「Terminal 21(アソーク)」など大型商業施設を中心に入居。世界の有名ブランドコスメを揃え、流行に敏感な若い女性たちに圧倒的な支持を得ています。

この記事をSNSでシェア!



PAGE TOP