打ち上げられたジュゴンを
国立公園職員が救助

南部トラン県リボン島で11月25日午前4時半頃、座礁しているジュゴン(絶滅危惧種)を発見。リボン諸島狩猟禁止区域の職員や市民が協力して救助に成功した。

スチャート区域長によると、打ち上げられたジュゴンは満潮時に海岸近くまで海草を食べにきたが、干潮となった際に沖へ戻るのが間に合わなかったと推測している。

後日南アンダマン海海洋・沿岸資源調査センターの無人ドローンによる調査が行われ、26〜27日にかけて同個体と思われるジュゴンが発見され、健康に異常はなかったという。

(11月25日=マティション)

 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る