タイで最低賃金改定
各県で2〜16B引き上げ

タイの労働省が12月8日、 全国の1日あたりの最低賃金引き上げの詳細を発表した。12月12日に閣議が行われ、2024年1月1日から適用される予定。

各県で1日あたり2〜16Bの引き上げとなり、最も高いのは南部プーケット県の370B(現在354B)。最も低いのは南部ナラーティワート県、パッターニー県、ヤラー県の深南部3県の330B(現在328B)となる。

バンコク都、中部ナコーンパトム県、ノンタブリー県、パトゥムターニー県、サムットプラーカーン県、サムットサーコーン県は、363B(現在353B)に引き上げられる。

(12月8日=プラチャーチャート・トゥラキット)
https://www.prachachat.net/csr-hr/news-1455898

 
 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る