インフルエンザ感染拡大
保健省がワクチン接種を推奨

2023年1月1日〜12月31日の間に全国で47万人以上のインフルエンザ感染者が確認されている。そのうち29人が死亡しており、現在も感染拡大の傾向があるという。

タイの疾病予防局によると感染者の大半はA型インフルエンザにかかっており、年齢層別では最多が5〜9歳。続いて0〜4歳、10〜14歳の子どもとなっている。

そのため保健省は「公共交通機関の運転手」「ホテル従業員」「娯楽施設従業員」など、観光業や接客業に従事する者に対してインフルエンザワクチンの接種を推奨している。観光客が多い31県にはワクチン20万回分の能動的接種を実施すると発表した。

(1月8日=タイPBS)

 

 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る