海岸に大量の麻薬
警察が出処を捜査

南部ナコーンシータマラート県パークパナン市の海岸で1月31日、打ち上げられた大量の麻薬が発見された。


警察によると麻薬は約25kgの結晶覚せい剤(アイス)で、25個の小包みに封入されていたという。

密輸者が海洋警察の船を発見し、証拠隠滅のために海へ投げ込んだものが海岸に打ち上げられたと推測されている。警察は出処を捜査中。

(1月31日=タイラット)

 

 

この記事をSNSでシェア!

サイト内全体を検索

カテゴリーと月別アーカイブ

無料メルマガ購読

週刊WiSEの更新を通知する無料メルマガです。購読ボタンを押した後に届く仮登録メールにて最終登録を行って下さい。

一番上へ戻る